「7」という数字に隠されたカラダの秘密!? fromさく

こんにちは
ミトコンドリアの力で
あなたを元気にするプロ
さくちゃんです。

この春
私の地元、信州では
7年に1度のお祭り
「御柱祭」が行われました。

御柱祭とは・・
寅と申の年に
山から選ばれたモミの木を
御柱として、里に曳きだし
諏訪大社の境内に建てる
一連の行事をいいます。

木落としなど、
とても勇壮なお祭りです。

諏訪大社のある諏訪地方だけでなく
分社がある町や村でも行われます

+++

ミトコンドリアからみると
この「7年に一度」というのは
カラダの秘密につながります。

なぜかというと
「7」という数字には
生命のルーツが隠されているからです。

ミトコンドリアとは
誰でしもが細胞の中に
もっている小さな、小さな器官
あなたの元気を作る
偉大なるあなたの応援団です。

そんな今日は
「7」という数字に隠された
カラダの秘密をお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇「7」という数字に隠された秘密!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ラッキーセブン!

という言葉があるように
「7」という数字は
縁起のよい数と思いませんか?

一週間は七曜日
虹の色も7色
チャクラの数も7つ

夜空にみえる惑星も
水星、金星、火星、木星、
土星、太陽、月・・
7つ

日本では
福をもたらす神様
七福神も人気ですよね。

数秘では
「7」という数字は
ひとつの周期の
終わりを意味するそうです。

しかし、
ミトコンドリアからみると
「7」という数字は
ひとつの周期の終わりとともに
生命のはじまりを意味します。

なぜかというと
ミトコンドリアの遺伝子を
辿っていくと
欧米人の95%が
7人の母のミトコンドリアに
いきつくことが証明されているからです。

*良かったらこんな本も♪
ブライアン・サイクス
「イヴの七人の娘たち」
http://qq4q.biz/tc6X

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇「ミトコンドリア・イブ」の秘密!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ところで、あなたは
「ミトコンドリア・イブ」
という言葉を
きいたことがありますか?

1987年、
あの科学雑誌
「ネイチャー」に
衝撃の発表がされました。

その発表とは
カリフォルニア大学のアラン・ウィルソン氏らが
世界各国の人の「ミトコンドリア」のDNA(遺伝子)
を調べた結果、
私たちの祖先は15万年前にいた
アフリカにいる女性というものでした。

そこから、人類は
アジアやヨーロッパに
広がっていったというのです・・。

そして、
その人類の起源にたどり着いた
女性の愛称として
「ミトコンドリア・イブ」
という言葉がつけられました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇21世紀は女性の時代です!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

カラダの視点から見ると
21世紀は女性の時代です。

なぜかというと
「ミトコンドリア」が
もっと注目される時代になるからです。

「ミトコンドリア」は
カラダを動かすエネルギーを
作っていることから
元気の源として注目されていますが
最近になって、それだけでなく
新陳代謝を制御していることから
「ダイエット」や「美肌対策」
「アンチエイジング」のカギとしても
注目を集めています。

また、医療界では
細胞分裂を制御する「ミトコンドリア」は
ガン治療の特効薬になるのでは?と
注目されています。

その「ミトコンドリア」の遺伝子は
女性のものしか引き継ぎません。

たとえば、
受精する際
精子にいたミトコンドリアは
すべて死んでしまいます。

「ミトコンドリア」は
純粋に
母親の遺伝子しか
引き継がないのです。

だから
ミトコンドリアは女性そのもの
だから、
ミトコンドリアが注目される
21世紀は情勢の時代ともいえるのです。

さらに
細胞には雄雌、
男女の差はありませんが
私から見ると
「細胞」は、男性らしさを
「ミトコンドリア」は
女性らしさをもっています。

えっ!?
なんで、そんなことがわかるのですって?

FROM さく

さくちゃん ミトコンドリア・アドバイザー
ミトコンドリアの力であなたを元気にするプロ。誰しもが細胞の中にもつ「ミトコンドリア」からストレスを緩和し、自然治癒力スイッチを目覚めさせる方法を伝えている。あなたの幸せのカギは、あなたのカラダの中にある。
◆ミトコンドリア。アドバイザーさくの無料メルマガ「週刊ミトコンドリア通信」
http://mitochondria-school.com/mailmag/
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る