インフルエンザでミトコンドリア革命!FROMさく

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ミトコンドリアからみたインフルエンザ ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。
ミトコンドリア・アドバイザーの
さくです。

インフルエンザが流行っていますよね。

あなたのところは大丈夫ですか?

今日は
そのインフルエンザを
ミトコンドリアからみた
考察を紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ インフルエンザは・・世界平和のため!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自然治癒力学校理事長
おのころ心平はいいます。

インフルエンザは
世界平和をお祈りしている・・・。

どういうことかというと
インフルエンザが流行るときは、
時代背景をみると、戦争や事件など
大気中に
「憂鬱」、
「絶望」、
「せつない」、
「無気力」
といった感情が充満していることが多く
そうした感情は、
カラダに毒素(鉛など)をためやすくします。
しかし、
インフルエンザにかかると
高熱で、
カラダにたまった毒素を焼き払ってくれる。
だから、
インフルエンザは世界の空気を浄化している
というのです。

ココロとカラダの交差点 続・続インフルエンザの気持ち。
http://ameblo.jp/onocoroshinpei/entry-11977964915.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ いやいや・・ウィルスに気を許したため!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私の健康学の授業では
インフルエンザをはじめ、
風邪になぜかかるかという問い
受講生さんから
こんなおもしろい答えが返ってきます。

・菌やウィルスに気を許したから
・白紙にしたい気持ち
・カラダが休めというサイン
・次にステージに向かっているというサイン
・カラダの疲れからくるSOS
・ウィルス感染はたまには必要だから。

皆さん、一理あるとは思いませんか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ インフルエンザは体質革命!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ミトコンドリアからみると
インフルエンザは
カラダの中で起きる体質革命です。

細胞の中でエネルギーをつくっている
ミトコンドリアは温度依存性があって
深部体温が37~38度ないと
うまく働くことができません。

ウィルスが入ってくると
自ら、発熱することで、
自らを元気にし、
同時にその熱で、
ウィルスの攻撃力を弱めたり
免疫を司っている
白血球の戦闘力を高めたりしています。

といっても、
あまり体温が上がり過ぎると
死んでしまいます。
インフルエンザなど38度を超えた熱を出すと
古いミトコンドリアが死んで
かわりに、
新しいミトコンドリアが生まれてきます。

だから、
カラダが生まれ変わって
体質が変わっているともいえるのです。

ミトコンドリアとは
カラダの中に誰しもがもっている
もっとも小さな別生命体
このシンプルな小器官の中に
深淵な秘密が隠されています。

日常の中にこそセラピーがある。
毎日を自然療法に変える
『 日常セラピー 』

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

さくちゃん ミトコンドリア・アドバイザー
ミトコンドリアの力であなたを元気にするプロ。誰しもが細胞の中にもつ「ミトコンドリア」からストレスを緩和し、自然治癒力スイッチを目覚めさせる方法を伝えている。あなたの幸せのカギは、あなたのカラダの中にある。
◆ミトコンドリア。アドバイザーさくの無料メルマガ「週刊ミトコンドリア通信」
http://mitochondria-school.com/mailmag/
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る