「私はチョコレートとポテトでできている!?」 FROMさく

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇私はチョコレートとポテトでできている!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。

ミトコンドリアの力で
あなたを元気にするプロ
さくです。

今日は旧正月
新しい年のはじまりですね

私は旧正月に向け
髪を短く切りました
(真冬なのに(笑)

そのとき
出逢った美容室の
女の子が
素敵な話をしてくれました

それは・・

「さくさん。
実は私
チョコレートとポテトで
できているんです(^^♪」

「えっ!!
チョコレートとポテトって
どういうことですか?」
とたずねると

「この2つが大好きで
毎日食べているんです」
といいます

「ただ、いくら若くても
こんな生活じゃダメですよね」
うつむき加減でいいます

ふつうだったら
「そりゃいくら若くても
だめでしょう」
と答えたでしょう

しかし
そのとき
私の中の「ミトコンドリア」が
こんなふうにいうのです

「私はダメじゃないと思います
それも素敵じゃないですか」

善良なる
日常セラピーの読者の方なら
チョコレートとポテトを
毎日食べる生活が
からだに良いはずがないと
お思うでしょう

私もそう思います

しかし
細胞の中にいる
あなたの偉大なる応援団
「ミトコンドリア」からみると
そんな生活も
素敵な一面があるのです

そこには
ミトコンドリアからみた
「食事の秘訣」が
隠されていました!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇糖はなぜからだに悪いのか!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ミトコンドリア」からみた
食事の秘訣とは

それは
細胞のエネルギーに
なるように食べることです

それには
2つの方法があります

1.過剰な糖(栄養)は摂らない

もうひとつは
2.過剰に摂取しても
分解できるからだにする

一般的に後者は難しいので
糖の過剰摂取はよくないと
いいます

「糖」とは
皆さんよくご存じ
ブドウ糖のことです
砂糖だけを
指すのではありません

なぜ
「糖」の過剰摂取は
いけないかというと
「糖化」という現象が
おきるからです

「糖化」とは
「糖」がたんぱく質と結びついて
細胞を劣化させる現象
からだに悪影響を及ぼします

たとえば
溶けたチョコレートを触った
手を思い浮かべてください

なんだか
ベタベタして嫌ですよね

糖化が起こると
血液もこんなふうに
ベタベタして
血の流れが悪くなってしまいます

これが
お肌でおきると
シワやシミ、くすみの原因に!!
内臓で起きると
いろんな病気の原因になります

しかし
それでもなお
チョコレートとポテトを食べる
彼女の生活が素敵に見えたのは
彼女は自分の本音に正直に
食べたいものを
食べていたからです

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇すべてはミトコンドリアなんです !? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

彼女はこんな話もしてくれました

「私ほんとはぐ~たらなんです~
食事は食べたいときに食べ
寝たいときに寝ています
だから
1日3食とるって珍しいですよ~」

「ミトコンドリア」からみると
この生活は
決してぐうたらではありません

食べたいときに
食べたいものを食べ
寝たいときに眠る

これは
からだの声に沿った
とても素敵な生き方です

勿論
日常生活をする上で
それが叶わないという方の
ほうが多いでしょう

しかし
食欲とは
生存するための本能です

その本能の欲求に対して
自分の本音に嘘をつかない

それがたとえ
チョコレートとポテト
だったとしても
それは
ミトコンドリア的には
エネルギーがたまる食事法
といえるのです

++++++

帰り際
美容室のオーナーが
こんなことを
いってくれました

「なんだか人生相談になっていましたね
さくさん、
私はこう思うのです
いろいろ悩みはあっても
すべては自分なんだと」

すると
隣にいた
彼女がニッコリ微笑んで
こういいました

「先生、違いますよ。
すべては
ミトコンドリアなんです(笑)」

【日常の中にこそセラピーがある】
こう感じた瞬間でした

毎日を自然療法に変える
『 日常セラピー 』
今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

FROM さく

さくちゃん ミトコンドリア・アドバイザー
ミトコンドリアの力であなたを元気にするプロ。誰しもが細胞の中にもつ「ミトコンドリア」からストレスを緩和し、自然治癒力スイッチを目覚めさせる方法を伝えている。あなたの幸せのカギは、あなたのカラダの中にある。
◆ミトコンドリア。アドバイザーさくの無料メルマガ「週刊ミトコンドリア通信」
http://mitochondria-school.com/mailmag/
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る