ミトコンドリアからみた寒さ対策 FROM さく

こんにちは

ミトコンドリアの力で

あなたを元気にするプロ

さくちゃんです。

 

今年の冬は寒いですよね~

 

私は普段、信州に住んでいますが

信州の朝は氷点下になって

起きるとブルブル震えます。

 

 

そんな今日は

「ミトコンドリアからみた

寒さ対策」

をお届けします。

 

 

とその前に

2月開講、おのころ心平の

「ツキヨミ塾!」

申込みはこちら

http://naturalhealing-school.org/?p=7159

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 寒さを感じるのも才能!? ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

おのころ心平は

病気は才能といいます。

 

その理由は

病気とは、本当に

ネガティブなものなのか?

 

病気には、

そうならざるを得なかった理由

がある・・・。

と考えました。

 

本人にも気づかない才能が、

本人にも気づかない生活上の制約によって抑圧され、

本人にも気づかない葛藤をカラダに生み、

それが、

カラダの症状として表現されてしまっている…。

 

これが、おのころ心平が

病気は才能という理由です。

ついに9刷「病気は才能」

http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4761267798/keieikagakupu-22

 

ミトコンドリアからみると

寒さを感じることも

才能のひとつです。

 

なぜなら、

寒さを感じることで

細胞内のミトコンドリアは

熱と電気エネルギーを

つくることができるからです。

それは細胞の才能(活性化)の

スイッチになります。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 寒さを感じるメカニズム!? ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

では、寒さを感じると

カラダのメカニズムからみると

どんなことが起きているのでしょうか。

 

ミトコンドリアの視点でみると

寒さを感じることは生命の危機です。

 

なぜなら

細菌の仲間といわれるミトコンドリアは

温かい場所でないと

生きていけないからです。

 

実際、

カラダの中の体温(深部体温)が

37度以上ないと

ミトコンドリアは活動することができません。

 

そうすると

エネルギーがつくれなくなり

そうすると、カラダを動かすことはおろか

最悪、息もできなくなるので

生命の危機になります。

 

そうならないために

寒さを感じると

ミトコンドリアは

カラダを動かすエネルギーを作ると同時に

熱をつくっています。

 

たとえば

ブルブルと震えるている時間

筋肉にいるミトコンドリアは

一生懸命、発熱しています。

 

そうやって、ミトコンドリアは

常にカラダを守るとしているのですね。

 

ミトコンドリアは細胞の中に棲む

「愛」の存在ともいえるのです

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ ミトコンドリアで味方につけて寒さ対策!? ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

では、実際、寒さを感じたら

どうすればよいのでしょうか?

 

答えは簡単です。

 

思いっきり、カラダを

プルプル震わせてみてください。

 

そうすることで

カラダが温まるだけでなく

ミトコンドリアの活性スイッチとなり、

あなたの「元気」

もつくってくれます。

 

プルプルと動かすことが

カラダのスイッチともなるのです。

 

これは私だけが言っているわけではありせん。

 

たとえば

医師のデイヴィッド・バーセリ博士は

世界46カ国の被災地や戦地に赴き、

200万人を超える人々を

緊張やストレスを解放した中で

ある筋肉をプルプル震わせることで

緊張やストレス、トラウマを解放する

TRE」という

エクササイズを生み出しました。

 

それは、私たち哺乳類が本来持っている

自然治癒や回復のスイッチになるそうです。

 

私はその専門家ではないので

詳しいことはわかりませんが

プルプル、カラダを動かすことは

ココロとカラダの解放にも

つながるのです。

 

 

 

だから、この冬、

あなたも思いっきり寒さを感じて

プルプルしてみませんか?

 

FROM さく

さくちゃん ミトコンドリア・アドバイザー
ミトコンドリアの力であなたを元気にするプロ。誰しもが細胞の中にもつ「ミトコンドリア」からストレスを緩和し、自然治癒力スイッチを目覚めさせる方法を伝えている。あなたの幸せのカギは、あなたのカラダの中にある。
◆ミトコンドリア。アドバイザーさくの無料メルマガ「週刊ミトコンドリア通信」
http://mitochondria-school.com/mailmag/
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る