ミトコンドリアで月を味方にする方法!? fromさく

こんにちは
ミトコンドリアの力で
あなたを元気にするプロ
さくちゃんです。
 
おのころ心平の
「ツキヨミ塾」が
今、話題ですよね。
 
これは
ココロとカラダのつながりに
月のリズムという
立体的視点を加えた
新しい学習プログラムです。
 
そんな今日は
「ミトコンドリアからみた
月を味方につける方法」
をお届けします。
 
 
とその前に
まだ間に合う「ツキヨミ塾」
申込みは1月24日満月まで
http://naturalhealing-school.com/tsukiyomi-zyuku2016/
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 月のリズムが大切なわけ!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
上弦の月には
出逢いの力が宿る
 
満月の月には
成就の力が宿る
 
下弦の月
問題解決、調整の力が宿る
 
新月には
目には見えないもの、
イメージの力が宿る
 
おのころ心平はそういいます。
 
「今や健康は
ココロとカラダだけでは
作れない」
 
日々の生活の中で
時間管理、
空間整理、
お金、
人間関係などを
月の視点から
リ・デザインしていく
この術を学ぶのが
おのころ心平のツキヨミ塾です。
 
私の研究テーマ
ミトコンドリアからみてみると
「月の視点」から
新しいこともわかります。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ミトコンドリアが神をつくる!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
ミトコンドリアの視点でみると
月のリズムから
あなたの体調だけでなく
悩みやストレスなど
あなたのココロの状態を含んだ
生活全体がわかってきます。
 
なぜかというと
ココロとカラダの状態は
ミトコンドリアがつくる
「ATP」と呼ばれる
エネルギー量によって
変わってくるからです。
 
カラダのメカニズムで説明すると
ミトコンドリアは、
細胞の中でモーターのように
回転することで
エネルギーをつくります。
 
カラダの中で発電している
と思ってください。
 
なんと、その発電量は
約20万ボルト!!
 
200ボルトでも
触れたら、ビリビリくるのだから
20万ボルトって凄いと思いませんか。
 
これは稲妻に匹敵する大きさです。
 
稲妻のことを雷(かみなり)
といいますが
まさに、ミトコンドリアは
雷をつくるは神なり!?・・
 
ということもできるかもしれませんね。
 
これが、
ミトコンドリアが
生命のカギを握るといわれる
所以でもあります。
 
しかし、
カラダの中は
約60%~70%は水分です。
 
ミトコンドリアは
大きな海の中で
1隻の船がモーターを回して
発電しているようなもの
 
とても不安定なうえに
月の満ち欠けによって
潮の満ち引きが起きるように
カラダの水分量も変わってきます。
 
だからこそ
月のリズムを知り
それに沿った生活をするのは
きわめて重要なのです。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ ミトコンドリアで月を味方につける方法!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
では、
ミトコンドリアの視点から
月を味方につけるには
どうすればよいのでしょうか。
 
答えは簡単です。
 
月の状態によって
エネルギー量がどう変わるかを知って
それをいかせばよいのです。
 
ミトコンドリアの活性スイッチは
太陽の光です。
 
月の満ち欠けは
太陽と月と地球との距離
で決まります。
 
太陽を月が隠す
新月の日、周辺は
エネルギー生成量が少なく
逆に、月が一番離れる満月は
エネルギー生成量が大きくなります。
 
但し、
満月と新月は水分量も増えるため
大波の中でミトコンドリアは
安定してエネルギーを作ることができません。
 
ちょうど、
今日の「上弦の月」辺りが一番、
安定してエネルギーを作ることができるのです。
 
だからこそ
上弦の月は、活動のチャンス!!
たとえば
逢いたい人に会いにいってみたり
今まで出来なかったことをしてみたり
チャレンジするのも良いかもしれませんね。
 
 
失敗しても、大丈夫!
あなたは、いつも
ミトコンドリアに守られているのだから。
 
 
FROM さく

さくちゃん ミトコンドリア・アドバイザー
ミトコンドリアの力であなたを元気にするプロ。誰しもが細胞の中にもつ「ミトコンドリア」からストレスを緩和し、自然治癒力スイッチを目覚めさせる方法を伝えている。あなたの幸せのカギは、あなたのカラダの中にある。
◆ミトコンドリア。アドバイザーさくの無料メルマガ「週刊ミトコンドリア通信」
http://mitochondria-school.com/mailmag/
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る