カラダの共通ルール fromやこうかずえ

おはようございます。
腱引き師の矢古宇一江です。
 
東京、目黒の〈腱引き 一伶庵〉にて、腱引きの施術と美構造開脚のセッションをさせていただいております。
 
 
「腱引き」は、筋肉や腱をあるべき位置に戻りやすくするように調整する療法です
 
 
美構造開脚システムは、カラダの使い方を知って、今までの限界を超えていくセッションになります。
 
 
このメルマガでも筋肉についてカラダについてのあれこれを書かせていただいています。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  古武術から見るカラダ   ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
私は、古武術が原点にある施術をしています。
 
もともと古武術に興味はありますが
実際に習った経験は無いのです。
 
それが、
腱引きや開脚メソッドとのご縁が繋がったことで
 
「古武術をやられている方々」
の話を聞く機会が増えました。
 
そこでは
達人でなくても
違いがわかるような
ワークも体験できるのです。
 
その度に
私たちのカラダの
 
凄いところ
面白いところ
不思議なところ
 
を知ることができて
ますますカラダへの興味が湧いてきているのです。
 
今日は、そんなちょっと面白い
カラダの話です。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  腕の筋肉の不思議なワーク    ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
まず、
手のひらを下にして
右手が上になるように
両手を重ねてみます。
 
 
そのまま手を頭の上くらいまで上げてみましょう。
 
 
次に、左手が上になるように重ねて
同じように上げてみます。
 
両方を比べてみてください。
 
上に乗せている手の重さの感じ方が
左右で違ったかと思います。
 
 
どちらが重く感じましたか?
 
 
左手が上の場合の方が
右手が上の時より
軽く感じたと思います。
 
 
これ、右利きとかとは関係なく
全員が同じように感じるそうです。
 
 
***
 
 
もう一つ。
 
人差し指と中指を揃えて立てます。
ピースサインの指を揃えた感じです。
 
そのまま、手を上に上げてみましょう。
 
では、次に
指を薬指を加えて指を3本にします。
 
そのまま上げてみてください。
 
どちらが重く感じますか?
 
 
はい、3本の方が重く上げにくい感じがしたと思います。
 
 
でもね、手を下ろす時には
2本指より3本指の方が軽く感じるのです。
 
 
2本指で上げて
3本指で下ろす
 
3本指で上げて
2本指で下ろす
 
 
けっこう違うでしょう。
たったこれだけで使う筋肉が変わるのです。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  カラダとより良い関係でいるために  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
腕の筋肉一つとっても
こんな感じでなんだかとても面白いのです。
 
さて、これが日常のセルフケアに使えるのか?
というと特には思いつきません(汗)
(ダンスの振り付けや、所作の美しさには使えると思いますが)
 
ただ、
この「カラダの共通ルール」
を知ることで
 
 
へぇ、カラダってこんなことで変わるんだ、
みんな同じ反応になるんだ、
なんでなんだろう?
不思議だなあ、
 
なんて思うでしょう。
 
その時には
カラダに意識が向いています。
 
興味のベクトルがカラダに向かうことで
細胞一つ一つまで活気付いているのです。
 
カラダは実は
皆共通の使いやすい形があります。
 
 
カラダと仲良くなるには、
相手のことがわからなくては
上手くお付き合いできません。
 
このワークもそんな中の一つです。
 
 
一番長い時間一緒にいて
一生を共にする自分のカラダ。
 
興味を持つ。
面白がる。
実はカラダってすごい可能性を秘めているのでは?
と思うことで
 
さらに愛しい存在として
大切にしようと思えるきっかけに
なるといいなあと思います。
 
 
***
 
 
そんな筋肉やカラダがより快適になるヒントをメルマガでお伝えしています。
↓↓↓
 
《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
http://www.reservestock.jp/subscribe/53106
 
 
月のリズムで届くメルマガです。
 
満月
下弦
新月
上弦
 
だいたい月に4回くらい。
メルマガが届くことで月のリズムを意識することが楽になったというありがたい言葉もいただいています。
 
いつも変わらずそこにいてくれる
「お月さま」を味方につけて
 
さらにあなたのカラダの調和が整い、
よりいっそう美しいリズムを刻んでいきますように。
 
 

関連記事

ページ上部へ戻る