メガネを制する3つのポイント その1

おはようございます。
ご菌所づきあいアドバイザーのただっちです。

そろそろ2月、
ご菌所としては、一大イベント
味噌の仕込みのシーズン到来!

ご菌所としては
やっぱり味噌のお話で
と行きたいところですが、

本日は小さい物もしっかり見える
メガネ
のお話です。

━━━━━━━━━━━━━━
◆◇
メガネを制する3つのポイント
         ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━

あら?
メガネご利用ではないですか?

今はご利用でないとしても、
ある程度の年を重ねると
必要になるメガネ。

ご近所の量販店のメガネで
しっくりこなかったら?
そんな時に知っておきたい
豆知識をご提供いたします。

では、さっそく
私がお伝えしたい
メガネを自分のものにする3つのポイントは
・デザイン
・見え方
・フィッティング
です。

どれか一つだけでもなく、
3つが揃って
お手元のメガネが
自分のパートナーとなるんですよ。

━━━━━━━━━━━━
◆◇
そのドライアイ
メガネで変わるとしたら?
           ◇◆
━━━━━━━━━━━━

わたしは、
中学生の時からメガネっ子です。
高校生になってからは
コンタクトレンズ。

ずっと使っていたコンタクトレンズ
息子を出産後いきなり合わなくなりました。
レンズをつけると、不快感と目の充血。
かゆーいような痛いような。
瞬きするたびにムズムズ、、、。

ただでさえ授乳で寝不足なのに、
こんなに合わないなら、つけない方がマシ。
コンタクトレンズやーめた。

と持っていたレンズをほっぽり出して、
常時めがねの人になりました。

そこからは、不快感とはおさらばで。。。
と行きたいところですが、
残念ながら仕事を始めてからは

ドライアイ

に悩まされるようになりました。
目が乾くんですよね。
特に夕方以降。
瞬きを繰り返しても、目が重い感じ。
目薬はその場しのぎにしかなりませんでした。
ひどい時は頭痛もしてきます。

そんな中、ふとしたきっかけで
整体師さんから
お勧めのメガネ屋さん情報を
お聞きしました。

━━━━━━━━━━━━
◆◇
人の目は近いものを
見るようにできていない。
◇◆
━━━━━━━━━━━━

さっそく訪ねたメガネ屋さんで
私が作ったのは

近いものを見やすくするメガネです。

メガネ屋さん曰く
人間が身近なものを見るようになったのは最近のこと
もともとは遠いものを見ていた。

対して、現代の読書やゲーム、スマホなど
近いものを見る生活では
筋肉が眼球をひっぱり、目に負担をかける
=筋肉に負荷がかかる
結果、余計な熱が発生して、ドライアイ。

腑に落ちました。
私のドライアイは確実にPCを見ることで発生してますし、
ひょっとするとブルーライトもあるかもしれませんが、
効果はメガネを変えてみればわかりますもんね。

そして、メガネを変えた結果
ドライアイで、目が疲れることは少なくなりました。
(その後、わたしの目の特性も関係していたことがわかりました)

もしPCや読書など近いものを見ていて
目の渇きを感じるなら
それはひょっとすると、
近いものを見ることが
目の負担になっているかもしれませんよ。

メガネの度を強くする
という方向ではなく、
メガネの矯正の方向性を見直すことが必要かもしれません。

残りの二つの理由は次へのお楽しみに。

関連記事

ページ上部へ戻る