病気と向き合うことは あなたの才能を発掘するチャンスです from ほだっち(朝倉穂高)

こんにちは^^

心と体を繋ぎ、元気にする専門家

カイロプラクターのほだっちです。

 

 

体育の日はいかがだったでしょうか?

運動会があったところもあるかもしれませんね。

運動会といえば、昔は秋でしたが

最近の小学校では春に行うところも

多いようですね。

 

 

うちの子供の幼稚園も

先週運動会がありました。

雨で1日延期になりましたが

翌日はいい天気に恵まれて

楽しい運動会になりました。

 

 

子供の成長って本当に

早いもんですね。

今年は年長さんで

幼稚園最後の運動会でしたが

とっても元気に活躍する

姿をみて微笑ましく

なりました。

 

 

最後のクラス対抗リレーでは

多くのお母さん方が

涙しながら子供たちの

成長を見守りつつ

感動のフィナーレでした。

 

 

我々大人も子供に

負けないように

まだまだ成長したいものですね!!

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇癖と才能◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さてさて、前回のメルマガのおさらいです。

 

 

前回は、「癖ってなんだ?」と

というお話をしましたが

いかがでしたでしょうか?

癖には良くも悪くも

繰り返すってお話です。

 

 

では、今日は「ギックリ腰をすると癖になる」

というお話の続きです

 

 

だいたい、いわゆる「ギックリ腰」

を繰り返す方というのは

慢性的な腰痛を抱えている

方が多いです。

 

 

・年に何度か繰り返します。

・ある時期(季節)になると繰り返します。

・ある行動を取ると繰り返す

・ある場所にいくと繰り返す

・etc

 

 

などなど、いろいろな「ある」が

ある(笑)

 

 

では、この「ある」とは

何なのでしょうか?

 

 

そうです。

 

 

これこそが「癖」です。

思考、嗜好、行動、習慣

これら全部無意識の結果です。

 

 

その無意識に行っている

「ある」がある時

痛みというサインで

顕在化してきます。

 

 

そして「ギックリ腰」は起こるのです。

 

 

これはなにもギックリ腰

に限らず、肩こりでも

頚部痛、膝痛なんでもです。

 

 

病気全般といっても

過言ではありません。

 

 

おおよそ※、「痛み」は

筋肉の緊張(凝り)から

発生していますので、

繰り返し問題を起こす方や

慢性的にいつも同じ問題を

抱えている人は、

簡単に言ってしまえば

筋肉が過緊張を起こしています。

(※主に悪性腫瘍、骨折、炎症、感染を除く)

 

その過緊張を起こしている

部位が単に違うだけです。

 

 

腰が緊張すれば「腰痛」

肩が緊張すれば「肩こり」

首が緊張すれば「頚部痛」

大腿が緊張すれば「膝痛」

などです。

 

 

では、なぜ慢性的は緊張が

抜けないのでしょうか?

 

 

これが「根本的な問題」なのです。

 

 

背骨の歪みや骨盤の歪み

こんなものは原因ではありません。

これは、筋肉が緊張した結果

起こった問題なのです。

 

 

だから、構造を外からいくら

整えたところで、問題は

繰り返されるのです。

これが慢性化してしまう

要因となるのです。

 

 

そしてこの「繰り返す」

という問題が「癖」であり

すなわち、無意識の

「ある〇〇」が表現されたもの

なのです。

 

 

ぼくの仕事はカイロプラクターです。

カイロプラクターは

背骨を通じて、脳と神経の

働きを調整することが目的です。

決して、背骨の配列や歪みを

矯正しているわけではないのです。

 

 

そして、背骨と目の前の人間

に日々関わっていると、どうしても

切っても切り離せない関係性が

生まれてくるのです。

 

 

それが「こころとからだ」の

つながりです。

 

 

このつながりこそが、

今日のテーマである

「癖」といえるでしょう。

 

 

一人一人がもっている癖が

違いますし、その背景となる

物語が違います。

 

 

ですから、同じギックリ腰でも

診ている内容は千差万別でなんですね。

 

 

そして、この「癖」を

探り出し、こころとからだ

の架け橋を作るのが僕の

役割なんです。

 

 

そう、おのころ心平が言う

「病気は才能」とは

癖は才能をお知らせする

サインであると僕は思う

のです。

 

 

なかなか自分で自分の癖を

見つけることは難しいものです。

だからこそ、病気という

とっても分かりやす形で

現れてくれたら、あれ?

なんか癖があるかも?って

考えるきっかけになりますよね。

 

 

これがあなたの眠っている

才能を開花させるチャンスと

なるのです!!

 

 

ですから、病気と向き合うことは

あなたの才能を発掘するチャンス

なんです。

 

 

さぁ、あなたにはどんな

チャンスが訪れるでしょうか。

 

 

+++  +++  +++

 

 

From ほだっち(朝倉穂高)

朝倉穂高(ほだっち) WHO国際基準カイロプラクター
心と体を同期させ背骨から運命を創るカイロプラクター。
「背骨からあなたの運命を創りだす」を軸に、クライアントが真剣に自分の健康のことを一緒になって考えて、元気になっていくことを施術を通して伝えている。
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る