肩こりとブラック企業の関係性? from ほだっち(朝倉穂高)

心と体を同期させ背骨から

運命を創るプロのほだっちです。

 

 

今回は1週間空いてのメルマガ担当です。

 

 

急激に猛暑になったかと思えば

急に涼しくなったりと

安定しない天気が続いており

体も調整するのに大変です。

 

 

理想を言えば、環境の変化が

少ない方が体にとっては

負担が少ないので、

冷房の効いた寒いところから

暑いところ(逆も然り)へ

移動する時などは、

自分でも服装や羽織物など

で温度調整してあげると

体にとっても優しいですよね。

 

 

とは言え、夏本番!!

しっかりと汗をかいて

エンジョイしましょう!!

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇体の本音 ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

さてさて、前回のメルマガのおさらいです。

 

 

前回は、「健康のありなし」

について、多様性と臨機応変

というお話をしましたが

いかがでしたでしょうか?

 

 

結構、あることに対しては

一方的に思い入れがあったり

執着心がつよかったり

することがあったんではないでしょうか?

 

 

では、今日は珍しく、つい最近の

臨床現場からのお話をしようと

思います。

 

 

この方、もともとは手の母指の関節

の痛みで来院されました。

病院では◯◯関節症と診断され

関節の変形も進んでおり

もう治らないと言われておりました。

 

 

しかし、結果から言うと

施術すること数回で

痛みもなくなり、

膨れあがった変形も

かなりなくなりました。

(厳密に言えば、

関節の変形もありますが

見た目上、関節が

腫れ上がった状態は

腱の肥厚だと思います)

 

 

これも、前回のメルマガ同様

西洋医学では良くならない。

モノを捉える視点が違うのです。

私が見る限りでは、明らかに

前腕の筋肉の異常だと思います。

ですから、私にできるアプローチを

した結果、いわゆる症状はよくなった

それだけの違いです。

 

 

これもミカタの違いですね。

 

 

さて、今日はその先のお話です。

指は、もう良くならないと思って

いましたが、よくなってきたので、

首から肩こりが酷いというのです。

 

 

もちろん、カイロプラクティックでは

部分だけを捉えた施術をするのではなく

全体を捉えた、一部としてのミカタは

しますが、全体をミル訳です。

 

 

当然、首や肩こりに関わる所も

みていますし、全体的なアプローチ

もしています。

 

 

その結果として、まだ肩こりが

酷いといいます。

 

 

では何がその肩凝りの緊張を

継続させているのかミテいきました。

 

 

そう、体からの訴えを

生体反応を通してミテいく

訳ですが、本人の意識には

ストレスはまったくない

と言うのです。

 

 

この方、自営業者なのですが

明らかに、1日のルーティンで

銀行回りと夕食準備のイメージで

体は緊張反応を示すのです。

 

 

「この2つで、何か思い当たることは

ありませんか?」と聞いても

長年ずーっとやってきている

ことですし、特に何もないです。

と言うのです。

 

 

普通なら、そうですかと言って

もうその事から離れて

別のミカタからアプローチする

のですが、もうちょっと質問

してみたんですね。

 

 

「何か義務感に感じていることや

人にお願いしたいこととかは

ありませんか?」と聞きました。

 

 

そうすると・・・

「私完璧主義だから、

いまやって欲しいことを

お願いしても、直ぐにやって

くれないと我慢できないの」

と言うじゃありませんか。

 

 

それで体の反応をミテみると

ビンゴじゃありませんか!!

 

 

あーそれが無意識にストレスに

なっているんですね。とお伝えする

とやっと腑に落ちたように

急に納得されました。

 

 

これをもっと分かりやすく

物語で説明しますね。

 

 

◯◯さん(患者)は完璧主義だし

スピードも速いし、仕事も出来る

人だから、結局待てずに

全部自分で引き受けて処理

出来てしまうのですね。

 

 

でもね。よーく考えてみて下さい。

 

 

◯◯さんがある大企業の下請け

業者だとしますよね。

完璧主義でスピードもこなす能力

も兼ね備えた社長さんだから

上から発注された仕事は

全部引き受けちゃうんですよ。

 

 

でもね、どう考えても

◯◯さんの会社では

処理しきれない発注を

バンバン受けちゃうもんだから

◯◯さんの会社の従業員は

朝か晩まで働きっぱなし

休日も返上で過労働です。

 

 

こんな状態が会社で続けば

どうですかね?

従業員はくたばるし

会社は存続できないですよね?

 

 

それでもまだまだ

上から仕事が来たら

引き受けて社員を

こき使う。

 

 

もう、やめて下さい。

仕事減らして下さいと言っても

無視して、仕事をさせる。

 

 

こんなブラック企業があったら

どうします???

 

 

これ、たとえ話ですけどね。

◯◯さんが自分の体という

従業員に同じことさせてる

んですよね。

 

 

体は人間と違って

もう仕事減らして下さい

って言えないもんだから

社長である◯◯さんが

困るように肩凝りって

いう症状でストライキ

起こしてるんじゃない

でしょうかね?

 

 

こんな話をしたら

妙に納得されて

もうちょっと周りの

ことを頼りながら

焦らずに待つように

しますって帰って

行かれました。

 

 

さて、これを読んで

ドキっとしたあなた!!

ブラック企業の社長に

なっていませんか?

 

 

思い当たる節がありましたら

体従業員の声にも

耳を傾けて下さいね。

 

 

社長であるあなたは

ストレスを感じてない

かもしれませんが

あなたの優秀な部下達は

悲鳴をあげてるかもしれませんよ。

 

 

+++  +++  +++

 

 

From ほだっち(朝倉穂高)

朝倉穂高(ほだっち) WHO国際基準カイロプラクター
心と体を同期させ背骨から運命を創るカイロプラクター。
「背骨からあなたの運命を創りだす」を軸に、クライアントが真剣に自分の健康のことを一緒になって考えて、元気になっていくことを施術を通して伝えている。
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る