「当たり前」を「当たり前」に見直すこと from ほだっち(朝倉穂高)

心と体を同期させ背骨から

運命を創るプロのほだっちです。

 

 

さて先月メルマガ担当でも

書きましたが、ほだっちの地元

長野県茅野市(諏訪郡)では

今日から3日間、諏訪大社

御柱祭がおこなわれます。

 

 

4月は「山出し」という行事で

山から大木を切り出して

里までこの木を人力のみで

曳きつけます。

 

 

これが、有名な御柱祭の

木落とし、川越の神事です。

 

 

そして、この5月は

一か月安置させたご神木を

御社まで曳きつけて

境内の四隅に建てる行事

「建御柱」があります。

 

 

これにより、まさに

大木が御神となるのです。

 

 

近隣の方はGWに

是非、信州茅野(諏訪)

までお出かけくださいね。

http://www.onbashira.jp/

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇当たり前という言葉◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

前回のメルマガのおさらいです。

 

前回は、「当たり前」ということの

重要性についてお話しました。

 

当たり前とは、何もしないことでは

なく、当たり前こそが、奇跡の働き

であることに気がつき

そこに感謝の気持ちをもって

生活できるか出来ないか

ここに人間の大きな差が

うまれてくるのではないか

ということを説きました。

 

今回は、「当たり前」という

言葉の定義をカイロプラクティック

哲学と絡めて書こうと思います。

 

 

実は最近、「当たり前」

ということについて

考えされられることが、

いくつか続いたのです。

 

 

どうやら、ぼくが思っている

「当り前」と世間一般的な

「当り前」には結構な

かい離があるのではないか

と思ったわけです。

 

 

このメルマガでも

「当り前」に思って

お伝えしていた内容も

実は「当り前」ではなかった

のかもしれないと

思った次第です(笑)

 

 

精神的背骨も実は

意味不明?だったかも

しれませんね(苦笑)

 

 

=========
「当たり前」をデジタル大辞泉
で検索してみると・・・

[名・形動]《「当然 (とうぜん) 」の当て字「当前」を訓読みにして生まれた語》

1 そうあるべきこと。そうすべきこと。また、そのさま。「怒って―だ」

2 普通のこと。ありふれていること。また、そのさま。並み。ありきたり。「ごく―の人間」「―の出来」
類語 無論(むろん) もっとも

出典:デジタル大辞泉
=========

 

 

以上のような結果となりました。

 

 

普通のこと・・・

ありふれていること・・・

ありきたり・・・

 

 

とでてきましたが、

これって、常識と一緒で

時代や流行によって

人々の解釈は変化しますので

普遍的ではありませんよね?

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ランドマークは不動である◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

普遍的でないものは

そもそも、基準となる

資格はありません。

 

 

それは、わかり易くいえば

ランドマーク(目印)でいえば

絶対的に動かないものを

指標にしなくては

目印にならないのです。

 

 

方向音痴の人は

動くものにランドーマークを

つけるから迷子になるのと

似ているかもしれませんよね。

 

 

例えば、さっきあそこに

止まっていた赤いスポーツカー

と人に説明しても

車が動き出してしまえば

目印が消えますから

意味が通じません。

そりゃ、迷子になるは・・・(笑)

って感じです。

 

 

そうすると

前回のメルマガで

お話した貝原益軒

の養生訓のお話も

ごく「当たり前」のことに

注意を向けるべきという

話もまるで話が通じなくなります。

 

 

そして、この自然治癒力学校

でいえば自然治癒力を高める

あるいは健康になるためには

どのようなことに注意すべきか?

というお話を各方面の

専門家がいろいろな話を

している訳ですが、

そんな専門家からの

「当り前」と思える

お話も実は、世間一般

からすると随分と

かい離した話でだったのでは

なかろうかと思ったのです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇健康と病気の当たり前?◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では、前置きが長くなってしまったので

話の本筋は次回に回すとして・・・(笑)

 

 

では、読者の皆様にちょっと宿題を出しますね。

 

 

そもそも「健康」って当たり前でしょうか?

 

 

それとも「病気」って当たり前でしょうか?

 

 

健康はあるもの?ないもの?

 

 

病気はあるもの?ないもの?

 

 

どうでしょうか?

 

 

実は、ここの観点について

どちらを「当たり前」と思って

いるのかどうかについて

意識の在り方が全然違って

くると思うのです。

 

 

皆さんはどう思われますか?

 

 

では、素敵なGWをお過ごし下さい。

 

+++  +++  +++

 

 

From ほだっち(朝倉穂高)

朝倉穂高(ほだっち) WHO国際基準カイロプラクター
心と体を同期させ背骨から運命を創るカイロプラクター。
「背骨からあなたの運命を創りだす」を軸に、クライアントが真剣に自分の健康のことを一緒になって考えて、元気になっていくことを施術を通して伝えている。
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る