当たり前のことを 当たり前にに見直す from ほだっち(朝倉穂高)

心と体を同期させ背骨から
運命を創るプロのほだっちです。
一ヶ月ぶりのメルマガ担当です。
皆様お元気様でしょうか?
各地で桜が咲き乱れ本当に美しい季節です。
関東では、完全に葉桜ではなく、まだ少しだけ
花びらが残っているところもありますね。
地域によっては、まだこれから!?
というところもありますよね。
えぇ~これから?って
驚かれた方もいるかもしれませんが
私の実家の長野県茅野市の
山間部では、梅と桜が同時に
咲くのは有名な話です(笑)
先週もあの有名な祭り
日本三大奇祭の一つ
諏訪大社御柱際があり
帰省していましたが、
桜の蕾のまだまだといった
感じでしたが、これから
満開に近づいていくと思います。
テレビのニュースでご覧に
なられた方も多いと思いますが
数えで7年に一度の御柱際
有名なのは大木を崖から
すべり落とす「木落とし」があります。
それはそれはエキサイティングです。
諏訪の人間はこの祭りのために
生きていると言っても
過言ではないほど
熱く血が騒ぐのでした。
お蔭様で、怪我も無く
無事に終えることが出来ました。
まだ後半の「建御柱」が
5月のGWにありますので、
よろしかったら信州茅野へ
お出かけくださいね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇当たり前のこと◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
前回のメルマガのおさらいです。
物を「丁寧に扱う」ことの重要性
についてお話しました。
物を丁寧に扱うことは
『自分にとって大切なもの
重要なものを壊さないこと
に他なりません』
これこそが、まさにセルフケア
そのものの真髄といえるのでは
ないかと考えています。
セルフケアというと
なにやら特別なことを
しないといけないような
意識があり、敷居が高いもの
とお考えの方が多いと思いますが
特別なことって、むしろ必要ない
と思っています。
それよりも、当たり前のこと。
これが一番大切です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇養生する◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
結局のところ、
生活習慣病はじめ
あらゆる病気の本は
生活習慣の乱れ
すなわち、丁寧な生活から
逸脱していくこと
ではないでしょうか?
「養生」という言葉があります。
有名なのは江戸の儒学者
貝原益軒の「養生訓」ですね。
「内外からの敵」として
身体の具合の悪くするもの
を取り除くことが
健康法の第一であると
述べています。
内外とはなんでしょうか?
身体の内側にあるものと
外からの進入してくるもの
に大別をしています。
内側には・・・
飲食の欲
好色の欲
睡眠をむさぼりたい欲
口からでまかせをいう欲
七つの欲(喜・怒・憂・思・悲・恐・驚)
外側には・・・
風・寒・暑・湿
があります。
これら自分の欲望の
まま暮らすことをやめて
気候や環境の変化に
いつも注意していれば
いつも元気で病気に
かかることもないと言っています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇当たり前の最初の行動◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このように基本的には
健康を維持するためには
おおよそが、何か特別なことを
加えるのではなく、
いまあるものを
上手に維持していく方が
よいと思っています。
その中でも一番大切な要素は
心の健康であり、その精神的
基軸となる「精神的背骨」が
重要であることを何度も述べてきました。
そして、その精神的背骨の
支えを表現している身体を
大切にすることが大事なのです。
当たり前のことを
当たり前にに見直す
その第一歩が
「物を大切に扱う」こと
なのです。
今日は、至極当たり前の
お話をしましたが、
人間は、結局当たり前のことが
当たり前にできないことが
問題なので、もう一度
日常生活を見直してみましょう。
当たり前とは、何もしないことでは
ないのです。
当たり前こそが、奇跡の働きで
あることに気がつき
そこに感謝の気持ちをもって
生活できるか出来ないか
ここに人間の大きな
差がうまれてくるのではないかと
思っています。
+++  +++  +++
From ほだっち(朝倉穂高)

朝倉穂高(ほだっち) WHO国際基準カイロプラクター
心と体を同期させ背骨から運命を創るカイロプラクター。
「背骨からあなたの運命を創りだす」を軸に、クライアントが真剣に自分の健康のことを一緒になって考えて、元気になっていくことを施術を通して伝えている。
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る