2017年もあとわずか、やり残したことはないですか from横山秋子

こんにちは!
 
「人生のリニューアル」をテーマにお伝えする
幸せ転職コンサルタントの横山秋子です。
 
キャリア・コンサルタントの視点で
ココロとカラダを整えながら
夢を叶える「人生のリニューアル」のヒントを
お伝えしてまいります。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ひすいこたろうさんのトークショー◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ベストセラー作家で幸せの翻訳家
ひすいこたろうさんの
新刊「見る見る幸せが見えてくる授業」の
発売記念トークショーに行ってきました。
 
初めてお目にかかるひすいさんは
ほのぼのとして自然体の素敵なかたでした。
 
私にとって、
特に印象的だったのはお父さんの話です。
 
小学生のころから、
とても厳格なお父さんに
休日は8時間勉強させられたそうです。
 
友達と遊びたくても遊べず
とっても悲しかった。
だから、そんなお父さんのことが嫌だった。
 
でも、
 
大人になってから
辛い仕事を途中で投げ出さなかったのは
この経験があったからだと気づいたそうです。
 
それに、
 
子どもであっても
途中で勉強を投げ出すことができたはずだと。
 
それをしなっかたのは・・・
 
「とうちゃんが、好きだったから、
とうちゃんを喜ばせたかったから。
 
そうか・・・
とうちゃんのことが好きだったから
喜ばせたくて、
途中で投げ出さなかったんだ」
 
自分の本心に
大人になって気づかれたそうです。
 
 
この話を聞いて
私も母に対して抱いていた感情に
気づくことができました。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇喜びの源泉は14歳のアルバイト◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
母子家庭で3人の子を育てるために
母は朝から晩まで働きづめでした。
 
でも、
経理の仕事が大好きだった母は
雨の日も、風の日も
原付バイクで颯爽と会社に向かい
悲壮感など全くありません。
むしろ楽しんでいるようでした。
 
「もうっ、トラックに追い越されてホンマ悔しかったわ~」
「あれっ~、バイクに積んだ大根、どこかで落としてきたわ~」
 
日々、こんな調子です。
 
***
 
中学2年生の頃、
母と高校生の姉兄と共に
マンションの清掃の
アルバイトをしていました。
 
母が知りあいの工務店さんから
請け負った仕事です。
 
休日の早朝、
入居者さんが活動する前に、
廊下を水拭きしてワックスをかけるのですが
ピカピカに仕上げる作業は
とても達成感があり気持ちいいものでした。
 
そして、
私はその後ソフトボールの部活へ向かい
夕方まで練習に励みました。
 
***
 
子どもの頃のこんな経験から育まれた
仕事観、時間の使い方などが
今の自分に大きく影響していると感じます。
 
たとえば、
置かれた状況のなかで課題を見出したり
どうしたら楽しめるかを工夫し、
がんばることができます。
 
そして、
チームで仕事をするのが好きで、
メンバーの個々の能力が
発揮できるようなコーディネートが得意です。
 
反面、
ひとりでモクモクするのは苦手で
達成感を感じにくい仕事には熱が入りません。
単純作業でもミスしてしまいます(汗)
 
こんな私にとって
今のキャリア・コンサルタントという仕事は
自分の特性を生かした天職だと感じています。
喜びの源泉は14歳で経験した
マンションの清掃アルバイトなのです!
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇素直に好きだと言えなかったのは◆◇
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
それぞれが家庭を持って
母は6人の孫に恵まれました。
みんな男の子です。
 
仕事を持っていた私たちは
母のサポートにとても助けられました。
 
ですが、
母の独特の愛情表現が
時には息苦しく
上手に距離をおかないと
コチラがへとへとになってしまいます。
 
おかげで、
こどもの頃から場の空気を読み
人との距離の取りかたを
自然に身につけたように思います。
(妙に大人びた子どもでした…)
 
 
母のために
よかれと思いしたことに文句を言われ、
もっと、もっとと頑張りすぎて
何度も腹が立ったり
泣きたくなることもありました。
 
ですが
 
それは
 
私は母が大好きだったから。
 
母が大好きだから、喜ばせたかった。
もっと、もっと、
どうしたら喜んでくれるだろうと。
 
私がそう受け止めていただけで
母はそんなつもりじゃなかったのかも、と。
 
ひすいさんのお父さんの話で
気づくことができました。
 
そのことに気づいて
一言では表現できなかった
母への複雑な思いが
とってもすっきりしました。
 
あのころの
素直に母が大好きだと言えなかった気持ち。
 
 
自分の本心に気づいたことで
複雑に絡み合っていた感情が
大切な思い出に溶けだしました。
 
そして、
 
自分のありのままの感情に寄り添う、って
こういうことなのだと
気づくことができたのです。
 
今なら「大好き」と
素直に伝えることができます。
 
◆ 「人生のリニューアル」のための
今日のヒント
 
2017年もあとわずか。
やり残したことはないですか?
誰かに伝えたい思いはないですか?
いまならまだ、間に合いますよ!
 
それでは、
今日も豊かな1日を!
 

横山 秋子 幸せ転職コンサルタント
vitamin-counselor(ココロに活力を!のビタミンカウンセラー)。一人でも多くの人が、「働く幸せ」「生きる歓び」を感じ、働く幸せや生きる歓びを実感できる夢の実現と「幸せな転職」サポートをしている。
◇個人ブログもぜひご訪問ください。
「幸せな転職」~自分流再就職への道~
http://ameblo.jp/vitamin-counselor/
◆横山 秋子先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る