潤う新年を迎える必須アイテム「腎パワー」~いちい葉子~

いろいろとあった2017年も

あとひと月を切りました

くる年に備えてあわただしくなってくるこの時期

 

健やかで潤った、エネルギッシュに充実した

そんな新たな年を迎えるために

今、なにをしましょう・・・

 

 

女を上げる整体指導士

からだデザイン研究所代表

いちい葉子です

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 冬は生命の根本『腎』の季節◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

冬は腎の季節です

 

冬は気候が寒く、水は凍り、

自然界・動物界はみな冬眠状態になります

腎気はこの封蔵と言われる季節に

くる年に各臓腑が良く働くように

身体の精を貯蔵する働きがあります

 

 

なので、

今やるべきは腎のケア

 

ということで今回は腎のお話し

中医学的な腎のとらえ方は?

整体的なケアの仕方は?

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

◆◇ まずは相手をよく知ること~“腎”の生理機能~ ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

中医学では、腎は腰に位置するとし

腰は腎の府(府とは大きな家のこと)といいます

 

腎は生命の根本であり

全身の陰陽の始まりとされるため

「先天の体」ととらえられます

 

全身のエネルギー源として

気力・精力を起こし

身体を強くするものとされてきました

 

五臓六腑の働きの原動力

脳の働き、性機能、呼吸など

みんな腎と深いかかわりをもっています

 

 

ここで丁寧に解説するには

膨大すぎる腎の影響力ですが

関わっている働きをざっとあげると・・・・

 

まずは、

【成長、発育、生殖の促進】

女は7の倍数、男は8の倍数って聞かれたことある方も多いはず

有名な古代医学書“黄帝内経素問”には

生命の誕生から死亡の過程はみな

腎気、腎精と関わることが述べられています

 

そのほかにも

・髄(骨髄・脳髄・脊髄)が骨を滋養し、脳に通じさせる

・体内の水の調整(膀胱との連動で排泄)

・肺と連動して呼吸をつかさどる

・耳(聴力)と陰部

 

などとかかわりがあります

 

まったく「腎」の働き

恐るべし、です!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ エッチな人は髪の毛が伸びるのが早い◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小学生ぐらいのころよく言いませんでしたか?

 

エッチな人は髪が伸びるのが早い

 

これ、まんざら嘘でもなく・・・・

 

腎気が充実している人は

髪の毛が長く伸び、艶もあり、量も豊か

つまりは、血が豊富で滋養しているということ

 

血は精よりつくられると考えられているので

「精血同源」「髪は血の余り」といわれ

髪の毛の状態から

腎精が充実しているかどうかが

判断できるということ

 

腎は生殖もつかさどるので

髪が伸びるのが早い人はエッチ~なんていうのも

まんざら嘘じゃないってことですね

 

髪の毛の状態がいいということは

腎の状態も充実しているということ

 

ほかにも

腎の働きが充実しているかどうかの

自己チェックとしては

 

唾液の出が良いこと

聴力が安定していること

歯が丈夫

 

などからも判断できます

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 腎が喜ぶセルフケアは?◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

そんな全身の働きに関係が深い「腎」

冒頭で申し上げたように

冬にしっかり腎の養生ができれば

くる年もエネルギッシュに健やかにすごせるというもの

 

では、一体何に気を付ければいいのでしょう?

 

まず、腎は水の臓として、冷えを嫌うので

 

外から温めることはもちろんですが

体内から温めるためには

 

身体が喜ぶ食事をとること

深層部の筋肉をきたえること

 

が大切になります

 

また、

腎と膀胱にかかわりの深い

足の少陰腎経と足の太陽膀胱経の働きをよくすること

 

つまり~

体操などで

 

太腿のうらを伸ばす

鼠径部から膝までの内腿を伸ばす

内転筋の強化

腸骨(後ろ)の隙間をあける

 

などが必要になってきます

 

 

くる年を健やかな充実した一年にするために

ちょっと工夫してこの冬は

腎を活性させる養生

がんばってみませんか

 

 

・゜・。*。・゜・*。*。・゜・*。・゜・*。・゜・*

 

 

★いちい葉子のblog【女をあげる からだデザインつれづれ日記】

http://ameblo.jp/karadadesign/

 

★からだデザインHP

http://www.karadadesign.jp/

 

★Facebook

https://www.facebook.com/yoko.ichii

関連記事

ページ上部へ戻る