お金をこわがる大人にならないために~美しいお金の物語~ from 松田まり

おはようございます。

自分を大事にするためのマネーレッスン
公認会計士・税理士の松田まりです。

『こどもを育てるようにしごとを育てる』
をコンセプトに、女性起業家向けの
スタートアップのための塾を主催しております。

日常セラピーでは
女性起業家向けのお金の話だけでなく
小中高校での租税教室や
税務署講師でお伝えするお金の話も交えて
「お金さんとの美しい日常」をテーマに
マネーレッスンをお伝えさせていただきます。

毎週月曜日、
『美しいお金の物語』

どうぞよろしくお願いいたします。

****************
本日、早割最終日です

『女性の起業とお金のギモン、解決セミナー』
http://marimatsuda.ciao.jp/kigyoseminarosaka0619.pdf

会場で皆様にお会いできること、楽しみにしております!
━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇我が家のお金さんの動きは…◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━
突然ですが、今日は我が家の『お金さん』についてのお話をしようと思います。

私は、お金の専門家ではありますが、
決してマメに家計簿をつけるようなタイプではありません。

どちらかというと、かなりな感覚人間で、
10年ほど前にお金の管理で自分でもとても驚くような経験もいたしました。
詳細はこちら

そんな私ではありますが、
過去のビックリ経験が怪我の巧妙となり、
今ではきちんと自分のお金の動きをデザインして分析するまでになりました。

これがとても簡単にできるのは、
私がお金の専門家だから、
ではなく、

色々なツールを取り入れたり
お金の管理に遊びゴコロを持って接しているから。

具体的にどんな管理をしているかというと、
まずは、毎月1日にその月の項目別の予算を
ザックリとたてて、
月末に予算と実績を比べて分析し、
その結果を翌月の予算にフィードバックする。

実績の集計も、ザックリと。

漏れがあってもだいたい合っていればオッケーにしています。

ここでは、予算をたてるということがとても大事になってきます。

そして、ここが松田家流のお金の管理法。

お金の管理を、
机上のものだけで終わりにするのではなく

この予算実績分析の結果を
3歳と6歳の子供たちと話し合う。

話題の中心は、

水道代、ガス代、電気代
であることが多いです。

例えば、
松田家のある月の光熱費について。

【ある月の光熱費内訳】
水道代(2ヶ月分)約9千円
電気代 約1万6千円
ガス代 約1万円

合計3万5千円

我が家の普段の光熱費の予算は合計2万円ですので、予算実績差異は1万5千円の増額。

正直、驚きの結果でした…。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇お金のこと、
 大人だけのものにするなんてもったいない◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
なぜ、急にこんなに増額したのだろうかと考えるのに、子供たち2人に集合してもらい、相談を持ちかけました。

水道・電気・ガスの明細を彼らに見せて、

「ねぇ、一緒に考えてもらいたいのだけど」

「前回の水道代と今回の水道代、どっちが大きいかわかる?」

「なんでこんなに差が出たのかな?」

「いつもはこのくらいの金額なんだけど」

「電気代、この中で1番高いよね。なんでだろう」

など聞いてみました。

すると、少し神妙な面持ちになり…。

彼らはきちんとわかっているのです。

自分達のお風呂遊びがエキサイティングして、無駄にシャワーの水をたくさん出してしまっていること。

よく電気やテレビをつけっぱなしにしてしまっていること。

遊びで、エアコンのリモコンをつけたり消したりしていること。

最初は
バツが悪そうにしていた彼らではありましたが、
私からこんなことを伝えていくうちに真剣な眼差しに変わっていきました。

・お水や電気やガスはみんなのもので、お金を払って買っていること
・それぞれの金額は、たくさん使えばつかうほど高くなるしくみになっていること
・お水や電気やガスは限りがあるもので、このまま使い続けると、もしかしたらなくなってしまうかもしれないこと
・松田家のお金はどこからやってくるのか、そのしくみについて

そして、これが1番彼らが驚いて、大きくリアクションしてくれたこと。

前回の光熱費と今回の光熱費の差額1万5千円を、彼らが大好きな『LaQ』というパズルキューブで置き換えて説明してみました。

「この1万5千円というお金さんで、LaQがどれくらい買えるかわかる?」

「いつも君たちが欲しいと言っているLaQのシリーズを6個も7個も買えるんだよ」

彼らが普段、おねだりするLaQはだいたい1600円~2700円のクラスのもの。

「1万5千円があれば、こんなにたくさんのLaQが買えるなんて!」
と、それまでヘラヘラしていた彼らの表情が、驚きの顔に変わったのは言うまでもありません。

それからというもの、
同居介護の義母に対しても、
ことある度に

「電気はお金がかかるんだからね、テレビばっかり見てないでね」

「電気つけっぱなしで寝ちゃダメだよ」

などと、お小言を言うようになりました。

このことをきっかけに、彼らなりに、自分たちの役割を見つけたようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇お金のことを
 怖がる大人にならないために◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━
私が子供たちに伝えたいこと。

それは、

お金を節約するにはどうすればいいのか

ということではなく、

社会のしくみがどのようになっていて、
そこにはお金や経済の循環や均衡があり、
自分たちがどのように考えて行動すれば
その循環の結果がどうなるのか。

結果的に自分たちがどのように考え、行動することを選択すればよいのか、

ということ。

お金のことは大人が考えるもの、子供たちは蚊帳の外、なのではなく、

「相談したいのだけど、一緒に考えてくれるかな?」

と話し合いに参加してもらうことが、とても大事なことだと感じています。

お金のことを怖がる大人にならないために。

彼らは、小さいながらもたくさんのことを考えてくれます。

アイディアもたくさん教えてくれます。

何より、頼りにされることが嬉しいのでしょうね。

最近は、子供にもお金のリテラシーを学ばせようと、
あちこちで子供向けのセミナーを目にするようになりました。

もちろん、
たくさんあるお金の情報から、
自分にあったものだけを
取捨選択するお金リテラシーを
身につけることは大事なことではあります。

でも、それよりも前に、
日常の暮らしでできる
お金さんとの対話を通しての
コミュニケーションがあること。

その大切さをまずは見直す。

子供のうちから、
家族でお金さんのことを大いに話題にする。

それができていれば、いまの子供たちが大人になってから、お金に対するマインドで困ることはなくなると思うのです。

お金さんは、子供の頃から一緒に育った友達。

大人になってからもその距離感や性格がわかっているから安心して付き合える。

そんな安定感を、世の子供たちにはぜひとも手に入れてほしいものです。

━━━━━━━━━━━━━━━*。
*。━━━━━━━━━━━━━━━
6月19日(月)大阪にて開催決定
「女性の起業と
 お金のギモン解決セミナー!!」
━━━━━━━━━━━━━━━━━*。
6月19日~21日の3日間、
大阪と神戸にてイベントを開催いたします。

●【大阪】6月19日(月)大阪
「女性の起業とお金のギモン解決セミナー!!」
起業の際のお金の手続きや心構えなど、これさえ押さえれば大丈夫。
ナビゲーターのあおいさんと一緒に、笑いあり涙(?)ありのトークでお伝えしてまいります。
http://marimatsuda.ciao.jp/kigyoseminarosaka0619.pdf

●【神戸】6月20日(火)21日(水)
松田まり個人セッション
グローアップスペースAoiにて
http://marimatsuda.com/lp/index.html

満席となりました。
キャンセル待ちをお受けしております。

*********************
【お金さんと呼ぼうポリシー】
私は普段からお金を
「お金さん」と呼んでいます。

こう呼びかけることで、
まるで友達のように親近感を感じる。

「大事にしよう」という気持ちになる。

自分のもとに来てくれたお金さん。

そして自分の元から
旅立っていったお金さん。

不思議と、
どちらも大切な友達の行動として
「見守りたい」という感情が生まれる。

あなたも
「お金さん」と呼ぶ習慣
身につけてみませんか?

松田まり 公認会計士/税理士×女性起業コンサルタント
「美しいお金と美しく向き合う」をコンセプトに女性の起業スタートアッププログラムを提唱し、数々の女性起業家の独立開業・売上拡大を応援している。500名近くの相談実績を持つ。著作に『セラピスト・ヒーラーのための「お金の強化書」』
◎個人ブログ 「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
◎女性の起業スタートアッププログラム無料メルマガ
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/entryform7.htm
◎女性起業家のお悩みや質問をお受けしております。
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/mariyura.htm
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る