「死ぬって、コワくない」 by ゆっこ

おはようございます。

 

カラダとココロをやわらげる

やわらぎ ゆきこです。

 

カラダをヒカリに戻すこと、

ありのままの自分に目覚めることを

 

「女神のデコルテ・ワーク&セッション」

「ゆるゆる瞑想&ディクシャ」

「SS健康法」

 

などでお伝えしています。

 

 

***

 

先日、同居していた主人の母が亡くなりました。

 

母と一緒に過ごした時間の

最後に観せてくれた“いのちの不思議”を

 

皆さんと分かち合えたら嬉しいなぁ~

と思い、書いてみました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 母が観せてくれた ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

結婚して、主人の両親と同居し始め、

それ以来、ちょうど30年間一緒に過ごしてきました。

 

私は18才で東京に出てきましたので、

実の両親よりもズート長いこと一緒に住んでいたことになります。

 

結婚して3年間ぐらい

嫁・姑争いに明け暮れたことで、

私の中の闇の部分があぶり出されました。

 

こんなドロドロな感情が自分の中にあったなんて!
と、受け入れ拒否でモンモンとしていました。

お友達だったら、離れることは簡単です。

 

離れて「自分はまったくイイ人だ」という

幻想の中で生きてゆくことができたでしょう。

 

 

でも、愛する旦那さんの両親ですから、

そう簡単に離れることはできません。

 

そのおかげで

自分の中にある色んな感情に気づかされて、真剣に悩み、

 

光明を求めてたことで、

素晴らしい人々に出会うことができ、

 

ありのままの自分を想い出し、

ありのままの自分を許せるようになり、

ありのままの自分を愛せるようになれました。

 

いま振り返ってみると

母は、私を導いてくれたていたのですね。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 死ぬのは、コワイ ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

そんな母は

死ぬことを とても怖がっていました。

 

6人姉妹の母でしたが、

母を残し、みな先に逝ってしまいました。

 

仲の良かったお友達も、

ご近所さんも皆さん亡くなっており、

 

ときおり「寂しいよ 」とつぶやいていましたが、

「死ぬのは怖い」と言っていました。

 

 

「お母さんのお父さんも、お母さんも

 お姉さんも妹も、 

みんな あの世に引っ越しちゃったから、

 あっち方がにぎやかで、愉しいんじゃない?」

 

「そうかもしれないけど…

 死ぬのは、やっぱり コワイね。」

 

って、照れ笑いしながらね。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 死ぬって、コワくない ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

母との別れはブログにも書きましたので、

 

お読みになりたい方はこちらをご覧くださいね。

「カネちゃん、逝っちゃた~」

https://ameblo.jp/kannonn14/?frm_id=v.mypage-ameblo–myblog–blog

 

 

母が旅立った日。

 

母の呼吸がだんだん弱まって

止まり、止まり し始めたとき…、

 

“カネちゃん、ホントに逝ちゃうの?”

と私はココロの中でつぶやいていました。

 

そう思ったら 急に泣けてきました。

 

そして、母の呼吸が止まったままになり、

カネちゃんは安らかに旅立っていったのでした。

 

あんなに死をコワがっていた母なのに

それは安らかで、美しい旅立ちでした。

 

 

***

 

私には母と呼べる人が3人います。

 

実家の母に、モダンバレエの先生、

それに旦那さんのお母さん。

 

先生は今から5年ほど前に亡くなりました。

 

その時の呼吸は、

おぼれた人が、必死に空気を吸おうと

あえいでいるようで、

 

息が出来ないコワさを

私に、印象づけました。

 

しかし カネちゃんの穏やかな旅立ちが、

 

「死とは、自然に静まってゆく呼吸」という印象に

書き変えてくれました。

 

母・カネちゃんが最後に教えてくれたこと。

それは、

 

「死ぬって、コワくない」って こと。

 

生まれては死んでゆく 私たち。

 

それは“ごく普通”のこと

“当たり前のこと”だと、

 

母は身を持って私に伝えてくれたのでした。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 今日の日常セラピーは「息を楽しむ」 ◆◇

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

母が亡くなってからも、残された家族は

 

普通に息をして、

起きて、ご飯を食べて、

ウンチして、寝て…

いつもと変わらない生活を続けています。

 

それが、なんだかとっても不思議です。

 

 

そう「生きてる」って なんだか不思議。

「息をしてる」って本当に不思議なんだなぁ~。

 

それを、さくちゃんが言うとしたら、

ミトコンドリアの不思議、って言うでしょうね。

https://ameblo.jp/mitokonsena/entry-12326453274.html

 

 

ということで、今日の日常セラピーは

「息をしている」ことを意識してみる、にしました。

 

普通に「息をしている」ことを意識してみましょう。

 

草や木や、

猫や犬や色んな生き物と一緒に

「息をしているんだな~

 生きているんだなぁ~」と。

 

そして、

地球さん、生かしてくれて、ありがとう。

空気さん、呼吸させてくれて、ありがとう。

 

と感謝してみてください。

 

きっと歓びが胸からあふれてくることでしょう。

 

最後に皆さんへ、

ジブリの映画「千と千尋の神隠し」の主題歌を贈ります。

「いつも何度でも」

https://www.youtube.com/watch?v=qXXbTwL79R0

 

 

***

 

今日も私の物語を読んでくださって

ありがとうございました。

やわらぎゆきこ あんま・指圧・マッサージ師 ゆる体操指導員
「女神のデコルテ」主宰・ディクシャギバー。モダンバレエをきっかけに、デコルテまわりをひらくことでココロをひらき幸せになってゆく「女神のデコルテワーク」を考案。
現在はココロとカラダだけではなく、タマシイまでも丸ごと含めて癒す「ありのままのわたし」で生きることを伝えている。
◆ブログ http://ameblo.jp/kannonn14/
◆facebook https://www.facebook.com/yukiko.kasiwazaki
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る