本格的な冬に備え、“心臓・血管を守る”ポジティブヘルス術! FROM 秋山 綾子

こんにちは。 
日本ポジティブヘルス研究会代表 
心臓ヨガ™開発者の秋山綾子です。 

11月も半ばを迎え、
いよいよ冬の足音が聞こえてきましたね。
 
私の地元の福島県・会津では、
会津磐梯山(ばんだいさん)や飯豊山(いいでさん)
といった霊峰が雪化粧を始めています。

そんな冬の訪れを感じる風景で
心洗われる場面がありながら、
寒さが身にこたえる季節でもあります。

冬は、寒さが厳しくなるにつれて、
血管も縮こまり
血圧が高くなりやすく
心臓への負担も増える時期。

今日は、
これから来る本格的な寒さに備え
“心臓・血管を守る”ポジティブヘルス術を
お伝えします!
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ そもそも・・・なぜ冬に血圧が上昇しやすいの? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

血圧は季節によって変動しますが、
特に冬場は次のような理由で
血圧が上昇しやすくなります。

– 体温の発散を防ごうとして血管が収縮する
– 外出・活動量が減り、運動不足になりがち
– 忘年会や新年会などのイベントで、飲酒の機会も増え食事の塩分摂取量が増える
 

中でも、
温度差が大きな場所では
血圧が急激に上下します。

すると
心臓や血管に一時的に大きな負担がかかり、
心筋梗塞などの引き金となりかねません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  冬場の心臓・血管を守るため、日々心がけるべきこと  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ということは、
まず身体を冷やさないように服装・環境に
気をつけること。

冬場の廊下やトイレ、
特にお風呂場は要注意です。

 
移動の時にカーディガンを一枚羽織ったり
トイレ・脱衣所にも
暖房器具を置くなどの工夫を。
加えて、
血管が収縮してしまう場面に備え、
血管そのもの・血流そのものを
元気にしておくことも重要です。

特に、
冷えやすいのが【末梢循環】

気温の影響を受けやすいところなので、
日頃からケアしておくことで
この冬を
より健康な状態で楽しみましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  末梢循環をたちまち良くする『フレリラ・ワーク』  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は、末梢循環を良くする方法として
『フレリラ・ワーク』
をお勧めします。

この『フレリラ・ワーク』では、
末梢=手足の循環を
同時に良くすることが出来ます。

裸足で行うので、
オススメのタイミングは
お風呂の時あるいは寝る前
もしくは、朝起きてすぐ。

やり方を説明しますね。
 
 
<< HOW TO フレリラ・ワーク >>

1)足指ほぐし

楽な姿勢をとり、
右足首を左太ももの上に載せます。

左手で足の親指をつまみ、
くるくると回しましょう。

両方向に10回ずつ回したら、
左右にねじっていきます。

最後に、爪の横を挟むように持ち
キュッキュッと刺激をし、
引っこ抜くイメージで引っ張ります。

一本ずつ、
丁寧にほぐしていきます。

五本の指をすべて終わったら、
手の指を足の指の間に挟み込みます。

左手で土踏まずを抑え、
足の指をぐるぐると回して、
足の指の付け根をほぐします。
(両方向10回ずつ)

さらに大きく
足首を回してほぐします。
(両方向10回ずつ)

2)足裏ほぐし

手をはなし、
足裏を全体的に揉みほぐします。
トントンと叩いてもok!

3)膝裏ほぐし

右膝をたてるようにして
両手で足首からキュッキュッと揉んでいき、
膝まで到達したら両側から挟み込みます。

手の指で膝の裏の柔らかい部分を
気持ち良い強さで揉みほぐします。

最後に、
ギューっと強めに抑えて
パッと離します。

このとき、ポイントになるのが
「感謝」の思いを持ちながら行うことです。
 
「感謝」は、
心臓病のリスクを減らしてくれる

ポジティブ感情の代表格。

また、
「感謝」の感情をもつことで、
心臓自体の動きが安定する

ということも報告されています。

ただ漫然と
足指・足裏・膝裏ほぐしを行う
のではなく、
毎日自分の身体を支えてくれている
フット&レッグをいたわる時間
を持ってみてくださいね。
 
 
***

今日も 素晴らしい一日を♪


 
年末年始の帰省や集まりで
『心臓ヨガ™』を
家族・身近な人に伝えてみよう

「基礎講座」開講!
 ↓
https://yoga-koa.jimdo.com/
 

秋山綾子 ポジティブヘルスアカデミー主任講師
ポジティブヘルスアカデミー主任講師。 『ポジティブヘルス』、『ポジティブ身体学』の視点からクライアントの人生の健康、応援。”新しい予防医学”をつたえている。
ポジティブヘルス研究会
facebook
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る