「カラダの気持ち!?」 FROM さく

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇細胞の気持ち、臓器のココロ!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。

ミトコンドリアの力で
あなたを元気にするプロ
さくです。

少し前の話になりますが
NHKさんのスペシャル番組として
「人体」をやっていましたネ
http://www.nhk.or.jp/kenko/jintai/programs

ご覧になりましたか?

テーマはなんと
「会話する臓器」

おのころ心平曰く

かー、きたかー、
時代よ、ありがとうーー!
https://ameblo.jp/onocoroshinpei/entry-12315624397.html

という内容でした(笑)

その
おのころ心平の特技は
「細胞の気持ち、臓器のココロ」
をプロファイリングできることです

たとえば
彼の視点で見れば
腎臓は「99%自分を認めてくれる臓器」
心臓は「愛の臓器」
肺は「天と地をつなぐ臓器」
肝臓は「毒をも理解する臓器」
膵臓は「二面性の臓器」
となっていきます

こんなふうに
細胞の気持ち、臓器のこころ
がわかったら
楽しいと思いませんか?

私の特技は
「ミトコンドリア」の気持ちがわかること
そこからカラダからのメッセージを
紐解いていきます

「ミトコンドリア」の気持ち!?
どうやったらわかると思います(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ミトコンドリアの気持ちを知るために!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「ミトコンドリア」とは
細胞の中にいる
小さな、小さな生命体です

細胞とは
別の遺伝子をもっていて
その遺伝子は
母親のものしか引き継がません

「ミトコンドリア」は
全員女性なのです

女性である
あなた!?なら
その気持ち
わかるかもしれませんネ。

私が
ミトコンドリアの気持ちを知るために
8年間やってきたことは
自分と違う存在の
「ミトコンドリア」になりきることでした

そのために学んだことは
細胞やミトコンドリアを含む
カラダのメカニズムです

相手の性質や性格が
わからないと
相手のことが
わからないからです

カラダを構成する最小単位は
「細胞」。

その「細胞」の中にいる
「ミトコンドリア」は
「細胞」がいないと
自らの栄養をとることができません

この関係を
パラサイト(寄生)
という人もいます。

しかし
逆にその「細胞」は
「ミトコンドリア」がつくる
エネルギーがないと
生きることができません

つまり
「細胞」と「ミトコンドリア」は
お互いがお互いを必要とする
相互支援の関係にあるのです

「細胞」の声が聞こえるようになると
「ミトコンドリア」の声もきこえるようになり
逆に「ミトコンドリア」の声がきこえるようになると
「細胞」の声も聞こえるようになる

これが8年間かけてわかったことです

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇カラダの声をきくたった2つのコツ!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「細胞」や「ミトコンドリア」からの
メッセージをひも解き
カラダの声を聴くコツは
私から見ると
たった2つしかありません

一つは
カラダのメカニズムを知ることです

人間関係もそうですが
相手のことが
よく知らないと
相手を理解できないからです♪

カラダのしくみや特徴、性質が
わかってくると
その気持ちもだんだんと
わかるようになっていきます

もうひとつは
「できる」まで
やめないことです

私自身も
はじめのころは
まったくできませんでした。

それでもあきらめず
繰り返し、繰り返し
1日1日丁寧に
カラダの気持ち、
ミトコンドリアの気持ちを
きいてきました。

その繰り返しのおかげで
あるとき、
すーと、気持ちが
入ってくるよう
になったのです

こうしたコツをまとめ
誰でも
いくつになっても
カラダの声を聴く技術を
まとめたのが
「ミトカラ塾」です

おかげさまで
本年度は
すでに全会場満席で
募集はできませんが

いつか、あなたの街でも・・
「ミトカラ塾」

日常の中にこそセラピーがある。
毎日を自然療法に変える
『 日常セラピー 』

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

FROM さく

さくちゃん ミトコンドリア・アドバイザー
ミトコンドリアの力であなたを元気にするプロ。誰しもが細胞の中にもつ「ミトコンドリア」からストレスを緩和し、自然治癒力スイッチを目覚めさせる方法を伝えている。あなたの幸せのカギは、あなたのカラダの中にある。
◆ミトコンドリア。アドバイザーさくの無料メルマガ「週刊ミトコンドリア通信」
http://mitochondria-school.com/mailmag/
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る