生まれた時、お尻を叩かれて痛かった!From浅井あきよ

おはようございます。

「へその緒の会」の浅井あきよです。

 

「子育てはおなかの中から」をモットーに

 

妊娠中の方に

「おなかの中からの子育てレッスン」

 

これから妊娠したい方に

「未来のママのレッスン」を

東京・葛飾からお届けしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 赤ちゃんは何もわからない? ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

生まれたばかりの赤ちゃんって

目が見えていない、とか

まだ脳が未発達だから

記憶に残らない、という考え方と

 

いや、生まれたての赤ちゃんは

何でもわかっているんだよ

 

という見方と

 

ありますが、あなたはどちらだと

思いますか?

 

一般的には

新生児や胎児期の赤ちゃんは

まだ何もわからない、という前提で

医療行為や育児は行なわれているようです。

 

しかし、

今までにも何人もの

医師や人間を診る専門家が

「赤ちゃんも一個の人間として対すべきだ」と

主張してきました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇赤ちゃんの尊厳を主張した人たち◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

私の知る限りでも

日本では、整体の創始者の野口晴哉

自然なお産を大切にする産科医の吉村正

 

フランスの「暴力なき出産」の産科医・

フレデリック・ルボワイエ

 

「水中出産」で有名な産科医のミシェル・オダン 

など。

 

オダン博士は

「自分は赤ちゃんとお母さんに

苦痛の少ないお産をと追及してきたので

特に水中出産を推奨しているわけではないのだ」

と言っています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 退行催眠ではなく、子どもたちが語っている ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

セラピーの世界では

催眠状態で

出生時や胎児期に退行し

そこで再体験する、

ということもあります。

 

聞けるものなら、

赤ちゃん自身の声を聴きたいものですが

 

生まれたばかりの赤ちゃんは

言葉で語ってくれません。

 

そんな中、

「かみさまとのやくそく」という

胎内記憶を扱ったドキュメンタリー映画で

 

何人もの子どもが

うまれた時の記憶や

おなかの中にいたときの記憶

さらに、お母さんのおなかに来る前の記憶

について語っています。

 

その中の一人

赤ちゃんの時の鮮明な記憶を持つ

すみれちゃん(8歳)の話は貴重です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ おしりを叩かれて痛かった!◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

「おなかの中にいたとき、

お母さんといっぱいお話していたので

生まれてすぐご挨拶しようと思ったら

『うげっ』という声しか、出なかった。

『にやー』と笑ってお母さんを見ました。」

 

生まれてすぐ泣かなかったので、

さかさまに吊るされ

「助産師さんにお尻を叩かれて

痛くて、泣きました。」

 

「とっても痛かったので、

助産師さんを睨みつけました。」

と語っています。

 

この、すみれちゃん、

おなかの中にいたときの話も

鮮明に覚えていて

お母さんが読んでくれていた絵本

についても

お話してくれています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 胎児や新生児への見方が変わる  ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この映画をたくさんの人が見て

「おなかの赤ちゃんは、すでに何でも分かっている

生まれたての赤ちゃんももちろん!」

 

ということが、今以上に

広く知られてほしいです。

 

そうすれば

胎児や

生まれたての赤ちゃんを

 

一人の人間として尊重して対する

という態度が

もっと広がってくれる

と、期待するからです。

 

そして赤ちゃんを宿している

妊婦さんにも今以上に温かい目が

注がれると思うのです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 大きくなったら助産師さんになりたい ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ところで

すみれちゃんは

こんなことも言っています。

 

将来の夢は

「助産師さんになること」と。

 

 

すみれちゃんは、

「妊婦さんのおなかの赤ちゃんが

見えて、話もできる」のです。

 

すみれちゃん自身は

その能力は誰にもあると思っていたので

不思議とも思わず

あるときお母さんと話をしていて、

それが特別なことと初めて知ったそうです。

 

そうわかったら、

「見えて、

赤ちゃんとお話ができる助産師さんは

ないだろうから

助産師さんになる(という夢)で

よかったのだな、と思いました。」

 

と語っています。

 

 

え?

おなかの赤ちゃんが見えて、お話できる?

 

とびっくりするかもしれませんが

 

すみれちゃんにとっては

ふつうのことなのです。

 

どんな、不思議な子だろう、と

思うかもしれませんが、

 

弾むゴムまりのように健康な、

元気でイキイキした小学生です。

 

ぜひ、映画の中のすみれちゃんに

会ってください。

 

 

お母さんのおなかの中に入る前の話も

興味深いです。

 

 

生まれてきた使命についても

語っています。

(私は、このメールでは

おなかの赤ちゃんが何でも分かっている存在

であることを知ってほしいという話に引き寄せて

引用していますが、

すみれちゃんの使命はもっと大きなものです。)

 

さらに

この映画のさいごのほうで

「今、幸せに生きるため」のメッセージを

みんなに向けて語っているところが

圧巻です。

 

私は、この映画の上映会を

今までに何度か開いていますが

 

「後半のすみれちゃんの言葉を聞くために

もう一度、観に来ました」という方が

何人も知いるほどです。

 

 

来週

1020日(金)、21日(土)に

20名ほどの小さな会場

「へその緒の会」虹のへやで

映画会を行ないます。

http://www.heso-no-o.jp/information/eiga/

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇   すみれちゃんに会える  ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さらに21日(土)午後には

5年生になったすみれちゃん当人に

この「虹のへや」で会えますよ。

 

お母さんの羽生ゆきさんを伴って

すみれちゃんのトーク付き上映会です。

 

一方的に話を聞くだけでなく

質問もできる時間もあります。

 

おなかにいる赤ちゃんのことが聞きたい人も

まだ来ていない赤ちゃんのことを聞きたい人も

すでに申し込まれています。

 

もう残席も少なくなっていますが

会いたい!と思った方は

こちらからどうぞ。

http://www.heso-no-o.jp/information/eiga_1021ohanasikai/

 

 

東京・葛飾までは行かれない。

その日は予定が、、、という方は

 

下記から日時、場所を選べます。

あなたのお近くの上映会場を

を探すこともできますよ。

http://norio-ogikubo.info/%E4%B8%8A%E6%98%A0%E4%BC%9A%E6%83%85%E5%A0%B1-2/

 

 

この映画やすみれちゃんとの出会いが

あなたの子育てや

生きることへの力となりますように。

 

では、また来月お会いしましょう。

 

子育てはおなかの中から

「へその緒の会」の浅井あきよでした。

浅井あきよ NPO法人「へその緒の会」代表理事
野口整体、座禅、漢方の伝統的な胎教、シュタイナー教育などの影響を受けて、妊娠中のママのためのイメージワークを生み出した。教えるというよりは体験し自ら気づくイメージワークを中心としたレッスンを行っている。著書に『おなかの中からの子育て』など。
◆HP へその緒の会
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る