健倖を実現するために日常的に実践するための心得とは? from ほだっち(朝倉穂高)

おはようございます^^
心と体を繋ぎ、元気にする専門家
カイロプラクターのほだっちです。
普段は東京ドームの目の前
文京区本郷(水道橋)で臨床をしています。
(@ナチュケアケア水道橋外来センター)
https://www.naturalcare-suidobashi.com/
 
 
お元気様です。
朝、通勤で道を歩いていると
ふわぁ~っといい香りがしてきます。
あぁ~秋だなぁと感じる
金木犀。
 
この香り大好きです。
いつまでも嗅いでいたい香りです。
時折、銀杏と混ざると
・・・・な気分になりますが(苦笑)
 
さて、ちょっとまだ早いですが
いつもの二十四節気では
8日が「※寒露」です。
 
寒露 (かんろ)
九月節
太陽視黄経 195 度
陰寒の気に合って
露むすび凝らんとすれば也
(暦便覧)
 
冷たい露の結ぶ頃。
秋もいよいよ本番。
菊の花が咲き始め
山の木々の葉は紅葉の準備に入る。
稲刈りもそろそろ終わる時期である。
 
紅葉狩りもいいですが、
秋には美味しい食べ物が
沢山出回りますね!!
 
食べ過ぎにご注意くださいね。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇やっときた!!健康とは◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さてさて、前回のメルマガのおさらいです。
 
前回は、「 人間は一体なにを与えて
健康をいただいているのでしょうか?」
というテーマで考えてみました。
 
あなたの考えは
いかがでしたか??
 
一体、人間は何を与えて
生命を頂いているのでしょうかね?
 
沢山の方々のご意見が気になります。
 
是非、あなたなりの
与えているものを朝倉に
教えてくださいね。
 
いよいよ(笑)!?
朝倉が考える健康について
考えていこうと思います。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇朝倉七ヶ条の心得◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7/4号のメルマガで
朝倉穂高の健康の定義とは
を書きました。
 
『健倖(けんこう)とは、
病態・病状のあるなしに関わらず、
現在ありのまま状態を受け入れつつ
自らの意志をもって思考・行動が
制限されることなく
心の底から湧き上がる感謝の念に包まれ
自他共に喜びを感じあえる状態をいう。』
 
これを『健倖*けんこう』と定義しました。
 
今日はこの健倖を実現するたに
日常的に実践するための心得
をご紹介したいと思います。
 
 
【朝倉七ヶ条の心得】
1、病気を他(人・物・現象)のせいにしない
2、病気は己の姿と理解する
3、全ての責任は自己にあると理解する
4、素直な心で言い訳しない
5、柔軟な態度ですぐに実行する
6、自分を信じる
7 、常に自他感謝の心を忘れない
 
以上が七ヶ条の心得となります。
 
これは私の治療院の中にも
書いて飾ってあるのですが
皆さん、「先生これ厳しすぎます」
と言われます(笑)
 
確かに、厳しいですよね。
 
自分でもそう思いますが、
これは自反尽己として
自分のに課した心得なんです。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇中庸◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ちなみにいまからお話することは
全部、朝倉が臨床や自身の体験
を通してそう思うことなので
何が根拠というものはありませんし、
宗教的な表現も含まれるかも
しれませんが、特定の宗教を
指すわけでも、信仰している訳
でもありませんので悪しからず。
 
それでは、七ヶ条を一つ一つ
説明していこうと思います。
 
「1、病気を他(人・物・現象)のせいにしない」
 
病気には様々意味や側面があると
思いますが、私は大きく大別すると
3つの側面と役割があると思っています。
 
一つは、自分の魂(誠心)の偏りを
中道(真ん中)に戻すための役割。
 
魂の偏りとは簡単に言えば
心の中の本当の自分が信じている
価値感に嘘偽りや抑え込み
なく生きていければよいのですが
さまざまな理由によって
それに従えていない状態です。
そのことを警告サインとして
身体で表現しているのが病気
ではないかと思います。
 
一般的にストレスと呼ばれるものは
その価値観に従うことができず
ギャップが生じている状態といえるでしょう。
 
大方の病気の85%はこれに
該当するのではないかと思います。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇使命◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
二つ、自分の人生の目的を知り果たす役割。
 
人にはそれぞれ、この地球に誕生
するときに、「使命」というものを
決めていきているのではないでしょうか。
 
その使命を果たすための
体験型ロールプレイング
が人生であると思います。
 
その人生の物語の中には
さまざま設定が用意されています。
その中の一つに病気という
形をあえて設定している条件が
先天性障害、難病(最大苦難)など
にあたるのではないかと思います。
 
これが10%くらい。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇影響◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三つ、命を懸けて約束を果たす役割。
 
ご縁のある方々やもっと大きな役割
として社会的に影響力ある人たちで
日本のためとか世界のために
なんらかの約束を果すため
自らの「命」を捧げ(縮めたとしても)、
社会に多大な影響を与えるために
エネルギーを消耗していき
それと引き換えに病気となるのですが
それを良しとしている人たちがいるように思います。
 
これは5%くらいですかね。
 
これら3つは、すべて自分自身の
ためなので、他のせいにすることは
できないのです。
 
以上、七ヶ条の第1条でした。
 
ちょっと長くなりそうなので
また分解してお話していきますね。
 
では、続きはまた今度。
 
 
+++  +++  +++
秋は、いい季節ですね。
 
子供のころは、
夏や冬が好きでしたが
最近は秋が好きですね。
 
皆さんも、秋の楽しみ
見つけてくださいね!!
 
それでは。
 
From ほだっち(朝倉穂高)

朝倉穂高(ほだっち) WHO国際基準カイロプラクター
心と体を同期させ背骨から運命を創るカイロプラクター。
「背骨からあなたの運命を創りだす」を軸に、クライアントが真剣に自分の健康のことを一緒になって考えて、元気になっていくことを施術を通して伝えている。
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る