買うことは最大の娯楽。お金を送り出すことは最上級の娯楽~美しいお金の物語~ from 松田まり

おはようございます。

自分を大切にするためのマネースタイル

公認会計士・税理士の松田まりです。

 

『こどもを育てるようにしごとを育てる』

をコンセプトに、女性起業家向けの

スタートアップのための塾を主催しております。

 

日常セラピーでは

女性起業家向けのお金の話だけでなく

小中高校での租税教室や

税務署講師でお伝えするお金の話も交えて

「お金さんとの美しい日常」をテーマに

マネーレッスンをお伝えさせていただきます。

 

毎週月曜日、

『美しいお金の物語』

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

***************

【夢の膨らむマネーセミナー TOKYO】

 

  • 10月18日(水)

「女性の起業とお金のギモン解決セミナー!」

http://marimatsuda.ciao.jp/shokyuseminartokyo1018.pdf

(5席増席いたしました)

 

起業の際のお金の手続きや心構えなど、

9つのポイントにギュっと凝縮。

 

ナビゲーターに、

人生を変えるibマッピング、

大人気講師の渋沢まるこさん

 

究極の簡単帳簿付けの講師に

マネ―フォワード㈱の方をお迎えして

お伝えしてまいります。

 

みなさまのご参加、お待ちしております。

 

***************

【医療ドリプラ2017】

  • 10月9日(月)13:00~17:00

https://iryodrepla2017.wixsite.com/mysite

 

なんと!

プレゼンターとして

統合医療の権威 川嶋朗先生が

登壇されます。

 

その世界観をギュっと凝縮して

10分間のスピーチに込めていただく

今回の医療ドリプラ。

 

コメンテーターの御三方の

パネルディスカッションも見ものです!

 

  • コメンテーター

究極のコンサルタント 福島正伸先生

日本統合医療学会理事 医師 川嶋朗先生

未来患者学 サイコロジストおのころ心平先生

 

私は司会を担当させていただきます。

見かけたら声をかけてくださいね。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇買うことは最大の娯楽◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━

私たちは生まれてから今まで、

何回の「買うこと」を

経験してきたのでしょう。

 

年齢やライフスタイル

家族構成によっても

変わってくると思いますし

 

男性・女性の違いも

大きく影響するでしょう。

 

例えば、43歳の女性が

平均して1日5回の買い物をすると

想定してみます。

 

自分で頻繁に買い物をするようになるのは

13歳くらいでしょうか。

 

すると、

今までに経験した「買うこと」は、

 

5回×365日×(43歳‐13歳)

=54750回

 

さらに、1つ歳を重ねるごとに1800回の

「買うこと」が積み重なっていく

計算となります。

 

この数字、あなたはどう感じたでしょうか?

 

 

 

人生で

何万回もの「買うこと」を

経験している私たちは、

れっきとした「買うことのプロ」です。

 

 

本来、私たちにとって

「買うこと」は

ワクワクするものであるべきです。

 

 

購入に至る過程を思い出してみましょう。

 

 

そこにはまず

商品との出会いがあります。

 

その商品に興味があれば

手に取って、

どんな商品なのか

値段はいくらなのか

 

その商品を手に入れたら

どんな未来が手に入るのか

 

など、あれこれ想像します。

 

 

それで購入することを即決する場合と

 

 

自分の中にある、

「買ったら、こんないいことが手に入る」

という想いと

「今回はやめておいたら」

という想いとが亀甲して、

 

結果的に「買う」「買わない」

が決まる場合とがある。

 

 

 

日用品を「買うこと」のプロセスは

より簡単でしょうし、

 

ぜいたく品を「買うこと」のプロセスは

少し難しいかもしれません。

 

「奥さんをどうやって説得しよう」

「旦那さんに内緒で買っちゃおうかな」

 

 

 

そうした

「買うこと」の一連のプロセスを考えると、

頭の中でファンタジーとリアルが

交互に繰り広げられている。

 

これほどまでにワクワクする娯楽は

他にないのでは、とすら思うのです。

 

━━━━━━━━━━━━

◆◇お金を送り出すことは

最上級の娯楽◇◆

━━━━━━━━━━━━

「買うこと」には

「お金を送り出すこと」が

もれなくついてきます。

 

 

「買うこと」が最大の娯楽であるならば、

 

「お金を送り出すこと」は

同じく最上級の娯楽であるべきです。

 

 

それにも関わらず、

私たちはお金を送り出すこと(支出)に

ネガティブな感情をくっつけてしまいがち。

 

 

「お金の出ていく金額が

安ければ安いほど嬉しい」

 

そう思ったとき、

 

果たしてそこに最上級の娯楽は

存在しているでしょうか。

 

 

 

経済的均衡を考えるならば

 

「手に入れた商品から得られる効用」と

 

「支払ったお金の価値」は

バランスしているのが理想的です。

 

 

ここで大切なことは、

「手に入れた商品から得られる効用」も

「支払ったお金の価値」も

いずれも、その人によって

評価基準が異なるということ。

 

 

 

「買うこと」を

最大の娯楽にすることも

 

「お金を支払うこと」を

最上級の娯楽にすることも

 

言ってみれば

自分の意識しだい。

 

リアルにも

ファンタジーにも

サスペンスにも

アクションにも

なり得るのです。

 

 

 

今まで何万回と重ねてきた

「買う」という行動に

もっとたくさんの「楽しい」を

感じてみましょう。

 

そして、

今まで何万回と重ねてきた

「お金が出ていく」ということに

どうぞもっとたくさんの「自信」を

与えてあげましょう。

 

 

そうなった時、

「お金の流れ」が

まことしやかに変わってきます。

 

 

これからのお金の循環と

「買う」ということの娯楽。

 

もっと感性を研ぎ澄まして

楽しんでいきましょうね!

 

*********************

【お金さんと呼ぼうポリシー】

私は普段からお金を

「お金さん」と呼んでいます。

 

こう呼びかけることで、

まるで友達のように親近感を感じる。

 

「大事にしよう」という気持ちになる。

 

自分のもとに来てくれたお金さん。

 

そして自分の元から

旅立っていったお金さん。

 

不思議と、

どちらも大切な友達の行動として

「見守りたい」という感情が生まれる。

 

あなたも

「お金さん」と呼ぶ習慣

身につけてみませんか?

 

松田まり 公認会計士/税理士×女性起業コンサルタント
「美しいお金と美しく向き合う」をコンセプトに女性の起業スタートアッププログラムを提唱し、数々の女性起業家の独立開業・売上拡大を応援している。500名近くの相談実績を持つ。著作に『セラピスト・ヒーラーのための「お金の強化書」』
◎個人ブログ 「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
◎女性の起業スタートアッププログラム無料メルマガ
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/entryform7.htm
◎女性起業家のお悩みや質問をお受けしております。
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/mariyura.htm
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る