『 あなたの体にはブレーキがありますか?』 fromまゆみ

すき間トレーニング<スキトレ>
をご紹介する理学療法士
まゆみです。

みなさま

如何 お過ごしですか?
秋分の日も過ぎ
随分過ごしやすく
なりましたね。
これから
行楽のシーズンでもあります。
そこで
怪我なく楽しい時間を
過ごしていただけるよう
あなたのからだに
ブレーキを搭載する
セルフケアをご紹介します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   どんなときに 転ぶのか?  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたが

歩くとき
走るとき
前に前にと
エネルギーは
加速していきます。
けれど
後方へのエネルギーを
生み出すことが難しいと
つまずいて
前に行き過ぎたエネルギーを
コントロールすることができず
次の1歩が出ない
その結果
転んでしまう
ということが多いんですよ。
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  後方へのエネルギー と ブレーキ    ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
人のからだは
大きく分けて
胴体(体幹) と 手足 頭
でできていますが
この胴体(体幹)が安定して
初めて 手足 頭を自由に
使うことができます。
年齢を重ねると
日常生活の中で
後ろ歩き
後ろを振り向く
のけ反って上を見る
といった
後方への動作を
することが少なくなります。
頭を垂れるように
あごは突き出て
背中やお尻が丸くなり
膝が曲がってくる
無意識でいると
前へのエネルギーは生み出せても
後方へのエネルギーを
生み出す力が弱っていくんですね。
つまり
この後方へのエネルギーを
生み出す力が『ブレーキ』なのです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   後方へのエネルギーを
                                    生み出す力って?      ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
後方
という言葉を聞くと
背中の筋肉である背筋が
後方へのエネルギー
を生み出すところのように
感じられるかもしれませんね。
確かに背筋は
からだを後ろに動かす筋肉です。
しかし
背筋だけを強くしては
首や腰を痛めることはあっても
日常生活や運動時に
バランスを取りながら
手足を自由に動かすことはできません。
実は
胴体(体幹)の深いところにある
腹横筋(ふくおうきん)と腸腰筋(ちょうようきん)
の働きにより 胴体(体幹)を安定させることで
重力に逆らって
立った姿勢であれば
足の裏の延長線上に
骨盤 と 頭 がある姿勢を保つ
その力が
後方へのエネルギーを
生み出す力なんですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   では チェック方法です。      ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
・まず 両足を揃えて立ちます。
・次に
    お尻 とあごをできるだけ 突き出さないで
    両方のつま先をできるだけ 持ち上げ
    3~5秒止められますか?
この方法で
下記の筋肉を同時に働かせる能力がわかります。
   あごを引く筋肉
     (頭長筋 とうちょうきん)
     (頸長筋 けいちょうきん)
   腹筋
     (腹横筋 ふくおうきん)
   腰骨と太ももをつなぐ筋肉
     (腸腰筋 ちょうようきん)
   お尻の筋肉
     (大臀筋 だいでんきん)
   太ももの前の筋肉
     (大腿四頭筋 だいたいしとうきん)
   すねの筋肉
     (前脛骨筋 ぜんけいこつきん)
   指を反らす筋肉
     (長母趾伸筋 ちょうぼししんきん)
     (足趾伸筋 そくししんきん)      など
とまぁ
たくさんの筋肉を挙げましたが
これらの筋肉が
同時に働かせる能力
これが
歩くときや走るときの
スピードをコントロールする
ブレーキの役割をしてくれているんです。
このブレーキ機能が
働いてくれることによって
後方へのエネルギーが生み出され
転けにくい からだ になるんですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   では今回の
           すき間トレーニング〈スキトレ〉です ◇◆
━━━━
1.両足を揃えて立ち
   あごとお尻を突き出さず
   両方のつま先を上げ5秒キープ
   そのあと
   つま先立ちを5秒キープ
  ※そっと
    テーブルを支えてもいいですよ。
2.後ろ歩きを10歩
3.片足で立ち
   あごとお尻を突き出さず
   上げた足の膝を股関節の高さまで上げ5秒キープ
あなたのからだに
ブレーキを搭載するために
あなたの
すき間 時間で
お試しください。
∴∴∴∴∴

まゆみ 理学療法士
理学療法士。からだだけでなく、こころも整えていくことで、からだが良くなっていく場面に何度も目の当たりにし、こころとからだの関係から、ご機嫌になる方法を理学療法士の視点で伝えている
◆ブログ ここから 視点を 変えて観てみよっ。
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る