筋肉は自分でどこを動かすのかを決められるのです。fromやこうかずえ

おはようございます。
腱引き師の矢古宇一江です。

東京、目黒の〈腱引き 一伶庵〉にて、腱引きの施術と美構造開脚のセッションをさせていただいております。

「腱引き」は、筋肉や腱をあるべき位置に戻りやすくするように調整する療法です

美構造開脚システムは、カラダの使い方を知って、今までの限界を超えていくセッションになります。

このメルマガでも筋肉についてカラダについてのあれこれを書かせていただいています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  顔の筋肉の使い方    ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

笑顔
びっくりした顔
悲しい顔
怒った顔
喜んだ顔
真顔

私たちの想いを外に伝えてくれる顔の表情。

日々たくさんの表情を作るために、筋肉は活躍しています。

顔の筋肉も他の筋肉と同じように
使えば使うほど活性してより使いやすくなります。

「生き様が顔にでる」
と言われますが、その通りだなあと思います。

普段どの筋肉をどれだけ使っているのかで、使いやすい筋肉とそうでない筋肉ができて

顔の造作が変わってくるのです。

今日は目の周りの筋肉の使い方をみてみましょう。

***

目の周りの筋肉は
眼輪筋といいます。

文字通り輪のようにぐるっと
目の周りを囲んでいます。

瞬きをしてくれる筋肉です。

そして大きく目を見開いたり
目を細めて遠くを見たりするときにもこの筋肉が使われる、、、はずなのですが!

この眼輪筋を使わずに違う筋肉で目を動かしている場合があるのです。

簡単にチェックできますので
ぜひやってみてください。

おでこに手のひらを優しくあてます。熱を測るような感じで。

そして目をいったんつぶります。

次におもいきり大きく目を見開いてください。

はい、そのときに、手のひらの下でおでこの筋肉が動いた方。

眼輪筋を使い切らずにおでこの筋肉の力を借りてしまっています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  横ジワ対策エクササイズ    ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おでこには、前頭筋という薄い筋肉があります。

この筋肉を縮ませることで目を開く習慣がつくとどうなると思いますか?

まずよく使う筋肉はそこで定着されやすいので、
おでこに長い横ジワがつきやすくなってしまいます。

横ジワ、、、いやですよね(汗)

そして、眼輪筋は使う量が減り退化しやすくなりますので、残念ながら目が本来よりも小さく見えてしまいます。

それだけでなく、下まぶたのたるみや、まぶたが落ちてきてしまう眼瞼下垂の原因にもなるのです。

***

ぱっちりした目もとを作るためにも、
眼輪筋をよ~く使ってあげることはとても大切。

エクササイズはとても簡単です。

おでこに手をあてながら、
ぎゅーっと目をつぶります。

そして、その後、おもいきり目を開く。

その時におでこの筋肉が動かないようにしていくのです。

おでこを使うクセが強い方は最初は大変かもしれません。

鏡を見ながらでもいいです。
「ここの力を抜いて~~」と唱えながらおでこのシワがよっている部分を指先でトントンと軽く叩いてあげてください。

少しづつ力を抜く感覚がわかってきますよ。

***

下まぶたは、
「目を細めて遠くを見る」
時に使います。

目を細める→目を見開く→ぎゅーっと目をつぶる→目を見開く→そのまま虹を見るように右から左へぐるっと目を動かす

こんな動作を朝のメイク前などのスキマ時間に繰り返してみてください。

おでこの横ジワがもうあるかたも、諦めないで大丈夫です!

だんだん眼輪筋だけで目が見開けるようになってきたなあと思った頃には、おでこのシワが薄~くなっています。

***

実は私もしっかり横ジワがあったのです。

最初は目をあけるだけで、どうしても動いてしまう前頭筋に笑えるくらいでしたよ。

「ワタシ、自分でシワできることやりまくってたんだわ~~!」

1ヶ月~2ヶ月くらいでおでこが動かなくなるようになって、気がつくと、シワが薄くなっていました。

顔の筋肉は、自分で動かせます。
どの筋肉を使うかは、自分で決められるのです。

***

そんな筋肉やカラダがより快適になるヒントをメルマガでお伝えしています。
↓↓↓

《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
http://www.reservestock.jp/subscribe/53106

月のリズムで届くメルマガです。

満月
下弦
新月
上弦

だいたい月に4回くらい。
メルマガが届くことで月のリズムを意識することが楽になったというありがたい言葉もいただいています。

いつも変わらずそこにいてくれる
「お月さま」を味方につけて

さらにあなたのカラダの調和が整い、
よりいっそう美しいリズムを刻んでいきますように。

矢古宇 一江(やこう かずえ) 腱引き師
腱を調律して体の音色を響かせる腱引き師。
未来へのギフトになるような小さな習慣自分の体の慈しみかたをクリエイトします。
一人一人に合ったセルフケアをセッションや講座を通じて最大限にカラダの可能性を引き出すサポートをしています。
【メールマガジン】
《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
http://www.reservestock.jp/subscribe/53106
【ブログ】
《自分のカラダの慈しみ方・腱引き師のブログ》
http://ichireian.com/?page_id=8
【HP】
http://ichireian.com/
【Facebook】(フォロー大歓迎です)
https://www.facebook.com/kazue.yakou
【腱引き・全国の道場一覧】
http://kenbiki.jp/kenbiki-ukeru/uketai/all/List.html
◆やこうかずえ先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る