楽に肩を下げる体の使い方 FROMやこうかずえ

おはようございます。
腱引き師の矢古宇一江です。

東京、目黒の〈腱引き 一伶庵〉にて、腱引きの施術と美構造開脚のセッションをさせていただいております。

「腱引き」は、筋肉や腱をあるべき位置に戻りやすくするように調整する療法です

美構造開脚システムは、カラダの使い方を知って、今までの限界を超えていくセッションになります。

このメルマガでも筋肉についてカラダについてのあれこれを書かせていただいています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   あなたの肩、いつも緊張気味になっていませんか?   ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

何か得体のしれない物が
突然目の前に現れた!

なんて時
グッと身がまえますよね。
守りの姿勢。

ちょっと身がまえる姿勢をとってみてください。
肩もあがっていると思います。

肩をあげる筋肉は
首の付け根から
肩甲骨、鎖骨、肋骨に
ついています。

肩が上がっているということは
常にこの首回りの筋肉が縮んでいる状態だということです。

当然使いっぱなしの筋肉は
疲労が溜まりますので、

辛い肩こりや、
ガンコな首コリの原因になります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇    肩こり予防ワーク  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

無意識に肩が上がることが
肩こりの原因になるのならば

予防策は、そう、
「肩を下げること」

無意識に力が入ってしまう肩。

今回は楽に肩を下げるコツを2つお伝えします。

***

1つ目は
「膝の力を抜くこと」です。

膝をピーンと張った状態では肩も自然に力が入ります。

これは、重心がどこにかかりやすくなるかということなのですが、

膝をピーンとすると、重心は
踵よりに多くかかります。

骨盤も後傾になりやすくなり、それを立たせようとして、
背中側の筋肉が緊張しやすくなります。

そのまま後ろに倒れては困りますので、
前後のバランスを、頭を前よりにすることで保とうとするのです。

その時にどうしても背中から肩に緊張が入ります。

上半身を自由にしたければ下半身の使い方が大切なのです。

常に膝はロックを軽く外して、
自由にしてあげましょう。

***

2つ目は、
「バンザイして肘から下に腕を下ろす」

こうすると、力まずに肩がすっと下に下がります。

比較するとよりわかりやすいです。

肩を上げた状態で、腕を動かしてみてください。

次にバンザイをして、
肘から腕を下ろした状態で
腕を動かしてください。

どちらが軽く感じますか?

***

自然に肩が下がると、
腕と体幹が繋がって
軽く動かせるようになります。

カラダを研究しつくしている
一流のスポーツ選手は

これを実践しています。

イチローのバットを構える動作の動画です。
https://m.youtube.com/watch?v=vMMxpttGA1o

必ず、構える前に
一度腕を上げているでしょう。

この動作で肩を下げると、

力みが取れて
体幹を使えるようになり、

パフォーマンスがアップするのです。

***

イチローが、バットを構えるたびにやっているように

私たちもこまめに肩を下げる動きをしてみましょう。

家では、バンザイをして肘から下ろす。
この動きをしていると、
小さい動きでも同じように肩を下げることができるようになってきます。

例えば仕事場では、
襟を触る
イヤリングに触れる
頭に触れる
などの動きをして

肘から下ろして肩を自然に下げてから
パソコンに向かってみてください。

腕の力みが取れて
作業が楽になりますよ。

矢古宇 一江(やこう かずえ) 腱引き師
腱を調律して体の音色を響かせる腱引き師。
未来へのギフトになるような小さな習慣自分の体の慈しみかたをクリエイトします。
一人一人に合ったセルフケアをセッションや講座を通じて最大限にカラダの可能性を引き出すサポートをしています。
【メールマガジン】
《極上のカラダをつくる!自分メンテナンス通信》
http://www.reservestock.jp/subscribe/53106
【ブログ】
《自分のカラダの慈しみ方・腱引き師のブログ》
http://ichireian.com/?page_id=8
【HP】
http://ichireian.com/
【Facebook】(フォロー大歓迎です)
https://www.facebook.com/kazue.yakou
【腱引き・全国の道場一覧】
http://kenbiki.jp/kenbiki-ukeru/uketai/all/List.html
◆やこうかずえ先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る