人間は一体なにを与えて健康をいただいているのでしょうか? from ほだっち(朝倉穂高)

おはようございます^^
心と体を繋ぎ、元気にする専門家
カイロプラクターのほだっちです。
普段は東京ドームの目の前
文京区本郷(水道橋)で臨床をしています。
(@ナチュケアケア水道橋外来センター)
https://www.naturalcare-suidobashi.com/
お元気様です。
まだまだ暑い日もあるとはいえ
朝晩の風や虫の声が聞こえ始め
秋の気配を感じますね。
虫の声はとても癒されますよね。
日本人には癒しの音色ですが
外国人には雑音に聞こえる
そうですね。
さて、いつもの二十四節気では
7日が「※白露」です。
※【白露】 (はくろ) 9/8頃
八月節
太陽視黄経 165 度
陰気ようやく重なりて
露こごりて白色となれば也
(暦便覧)
野には薄の穂が顔を出し
秋の趣がひとしお感じられる頃。
朝夕の心地よい涼風に
幾分の肌寒さを感じさせる
冷風が混じり始める。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇小学生の健康ってなぁに?◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
さてさて、前回のメルマガのおさらいです。
前回は、「自分自身の健康の定義 」
を考えてみましょう!!
というお話をしました。
本来、健康とは
とても抽象度が高い
これといった決まりきった
定義は個人個人による
というお話をしましたが、
熟考された方いますか?
ちなみに、小学1年生の
私の長男に質問してみました。
「健康ってなぁに」と。
そうしたら、
「普通であることかな」と。
理由を聞いてみると
普通っていうのは
いつものあたりまえのことだよ。
だって、お腹が痛かったり
熱があったり、風邪を
ひいたりしたら、
学校にもいけないし
弟と遊べないでしょう。
だから、それが「普通」
ってこと。
なるほど。
小学生1年生でも
「普通=あたりまえ」
という概念がしっかり
あるんだなぁと
関心しました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇当たり前って?◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
しかし、ここで
理屈人間の朝倉は
単なある「当たり前」
では終わりません。
当たり前って一体なんだ?
普通ってなぁに??
ってなるんですよね(笑)
お前は本当にしつこい人間だな。
と思われそうですが・・・。
はい、しつこいのです(苦笑)
しつこいというより
考えることが好きなんですよね。
そんなわけで、なかなか
健康とはの先には進みませんが
当たり前とは何ぞや??
ということを今日は
考えていきましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇先に与えるべき!?◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「当たり前」とは
語源由来辞典によると
当たり前とは、当然なこと。
そいうあるべきこと。あたりまえ。
二通りの説があり、
断定することは難しい。
ひとつは、「当然」の当て字
「当前」が広がり、
訓読され「あたりまえ」になったとする説。
もうひとつは、分配される分を意味する
「分け前」、取り分を意味する「取前」
などと同じく、漁や狩りなどの共同作業
では一人当たりに配分される取り分を
「当たり前」と言い、
それを受け取るのは当然の権利
であることから、「当然」の
意味を持つようになったとする説である。
(出典元:語源由来辞典)
なるほど。
語源の由来から考えると
どうや先に何らかの仕事をやる(与える)
その恩恵としての分け前を頂くことが
当たり前と言えそうですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇人間は何を与えるのか?◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
では、人間は一体なにを
与えて健康をいただいているのでしょうか?
ここでは、以前のバックナンバー
17.6.6号「私の悟り体験 事件はトイレで起きる 」
の中でもお話したように、
カイロプラクティックでは、
ユニバーサルフォースという
宇宙根源のエネルギーを
人間は頂いて活かされています。
ということはこのような
大自然のエネルギーを
当たり前に頂いている
わけですが、そのエネルギーに
対して人間は何を与えいるでしょうか?
いつも頂いていることばかりを
考えていましたが、この大自然の
エネルギーに対して普段は何を
与えているなど、私も考えたこと
がありませんでした。
このメルマガを書いている
「今」考えさせられるテーマが
生まれたのです!!
これはなかなか凄いことですね。
ちょっと、一人で感動しています(笑)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇人間のやるべき仕事は?◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
give and take とい言葉があります。
あるいは、新約聖書の中に
「与えよ、さらば与えられん」
という言葉もあります。
これについても諸説いろいろ
あるので、ここでは議論いたしませんが
give and tekaの意味として
物質的ないしは精神的あるいは
エネルギー的にどれを捉えても
その関係性は成り立つのではない
かと思います。
そのように、エネルギー的に
頂いている生命ですが、
人間は何を与えているのでしょうかね?
私的には、与えることというより
破壊しないことが人間に求められる
条件ではないかという気がします。
すなわち、創造主である
宇宙が創成した地球を
大切にしていくことが
人間に与えられたすべきこと
ではないかと考えます。
それを条件に日々、
大自然のエネルギーを
受け取って健康に暮らせる
のではないかと思います。
しかし、どうでしょう?
人間のなすことは
自然の破壊しかしていない
と言われています。
動物の中でも
人間だけが自然を破壊すると・・・。
これは考えさせられますね。
+++  +++  +++
とまぁ、またテーマが
大きくズレましたが
ご容赦くださいね。
皆様のお陰様で
今日は面白いテーマを
発見できました。
是日、皆様もこのテーマ
一緒に考えてみてください。
そして、問い合わせで
ご意見お聞かせください。
今日もご購読頂きまして
ありがとうございました。
From ほだっち(朝倉穂高)

朝倉穂高(ほだっち) WHO国際基準カイロプラクター
心と体を同期させ背骨から運命を創るカイロプラクター。
「背骨からあなたの運命を創りだす」を軸に、クライアントが真剣に自分の健康のことを一緒になって考えて、元気になっていくことを施術を通して伝えている。
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る