潤うお金の育て方~美しいお金の物語~ from 松田まり

2017. 09.4 From  松田まり

 

 

おはようございます。

自分を大切にするためのマネースタイル

公認会計士・税理士の松田まりです。

 

『こどもを育てるようにしごとを育てる』

をコンセプトに、女性起業家向けの

スタートアップのための塾を主催しております。

 

日常セラピーでは

女性起業家向けのお金の話だけでなく

小中高校での租税教室や

税務署講師でお伝えするお金の話も交えて

「お金さんとの美しい日常」をテーマに

マネーレッスンをお伝えさせていただきます。

 

毎週月曜日、

『美しいお金の物語』

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

━━━━━━━━━━━━━

◆◇自分の心をうつすお金◇◆

━━━━━━━━━━━━━

お金の使い方ほど

私たちの本音や品格を表現してくれる

ものはないかもしれません。

 

気付かないうちに

私たちの本質がそこに表れてしまう。

 

・本やセミナーにお金をかける

・ブランド品にお金をかける

・食事にお金をかける

・住まいにお金をかける

・子供の習いごとにお金をかける

 

お金の使い方は人それぞれですが、

何にお金をたくさん使うか、には

 

その方が

何を大切にしているのか

何に虚栄心があるのか

何に流される人なのか

 

その人の「人となり」が垣間見れる。

 

どれだけ言葉で取り繕っていても

お金の使い方は

ふとした瞬間に正直になります。

 

それだけ、

お金にはあらがえない

不思議な力があるのです。

 

だからこそ

入ってくるお金よりも、

出ていくお金に集中する。

 

これこそが、

お金と上手に友達になるための

簡単な近道なのです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇「こうして生きてきた」

「これからはこうして生きていく」

~お金とともに歩む道~◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━

お金ほど簡単に

感情を乗せやすいものはありません。

 

とくに

 

「悲しい」

「こわい」

「腹立たしい」

 

などといった、

ネガティブな感情は

気が付かないうちに

スーッとお金と

共存してしまいがち。

 

お金の使い方は

『現在』の私たちの心を映し出します。

 

ピンチの時に

その人の人格が表れるように、

 

お金の非常時や

逆にたくさんのお金を持った時に

その使い方には品格が現れます。

 

その根底にあるのが、

「こうして生きてきた」

という『過去』の自分と

 

「これからはこうありたい」

「こうやって生きていきたい」

という『未来』の自分。

 

両親の金銭感覚や

過去のお金の苦い思い出も

色濃く反映されているでしょう。

 

 

小さい頃、お金に苦労した。

 

両親がお金が原因で

よくケンカをしていた。

 

 

ネガティブと思われがちな

過去のお金のトラブルであっても

 

その経験から、

 

「お金は自分の足で立って稼ぐものだ」

という信念をもって

人生を歩むことができた、など

 

私たちに

人生の糧に変える力が

備わっているのであれば

いくらでも人生を

変容させていくことができます。

 

━━━━━━━━━━━━

◆◇

希望のためにお金を使おう

~潤うお金の育て方~◇◆

━━━━━━━━━━━━

お金には物語があり、

私たちの人生観や信条がその物語を作っています。

 

これまでの私たちの

お金の使い方を振り返ってみると

 

 

自分自身が

 

「なにを大切にしてきたのか」

「なにを嬉しいとかんじるのか」

というお金の価値観だけでなく

 

「どんな失敗をしやすいのか」

「どんなウィークポイントがあるのか」

 

といった私たち自身の

本質もわかってきます。

 

お金との付き合い方は

私たち自身のとの

付き合い方でもあるのです。

 

これまでのお金の使い方。

 

そこからから学んだことを

どうぞ未来のお金の使い方に

応用してみましょう。

 

潤うお金のために、

一つのルールを決める。

 

それは

自分の希望のために

毎月少しのお金を準備すること。

 

自分の希望への自己投資です。

 

例えば毎月3000円。

 

そして、

投資には回収がつきものです。

 

投資をしたら

その100倍を回収することを

心がけてみましょう。

 

回収の方法は

なにもお金でなくてよいです。

 

社会の役割を通して

得られることなど、

 

私たち自身の希望を満たす形を

回収のバロメーターとするなど

工夫をこらしてみましょう。

 

*********************

【お金さんと呼ぼうポリシー】

私は普段からお金を

「お金さん」と呼んでいます。

 

こう呼びかけることで、

まるで友達のように親近感を感じる。

 

「大事にしよう」という気持ちになる。

 

自分のもとに来てくれたお金さん。

 

そして自分の元から

旅立っていったお金さん。

 

不思議と、

どちらも大切な友達の行動として

「見守りたい」という感情が生まれる。

 

あなたも

「お金さん」と呼ぶ習慣

身につけてみませんか?

 

松田まり 公認会計士/税理士×女性起業コンサルタント
「美しいお金と美しく向き合う」をコンセプトに女性の起業スタートアッププログラムを提唱し、数々の女性起業家の独立開業・売上拡大を応援している。500名近くの相談実績を持つ。著作に『セラピスト・ヒーラーのための「お金の強化書」』
◎個人ブログ 「自分を大事にするためのやさしいマネーレッスン」
◎女性の起業スタートアッププログラム無料メルマガ
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/entryform7.htm
◎女性起業家のお悩みや質問をお受けしております。
https://88auto.biz/marimatsudacpa/touroku/mariyura.htm
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る