『心の奥に刻まれている大切な財産』From ちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

 

日本には古来から先人たちが大切にしてきた

「言葉」があります。

言葉には秘められた想いや知恵があります。

今まで当たり前のように使って来たのに

知らずにいたことなど。

言葉の扉を開けて見て行きたいと思います。

どうぞお付き合いください。

 

 

毎日暑い日が続きますね。

とは言え、七十二候で季節を見てみると・・・

第三十八候 立秋 次候

寒蟬鳴(ひぐらしなく)

秋に鳴く蟬と言われる「ひぐらし」が

夏の終わりを告げるように鳴く頃です。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 日本の特徴って何? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━

和風、和物、和柄・・・というように

日本の事を表す時に「和」という言葉を

使います。

日本を「和の国」と表現することも。

 

では「和」とは何でしょうか。

 

 

「和をもって尊しとなす」

これは604年に聖徳太子が制定した

日本最古の憲法「十七憲法」の第一条です。

 

「和」という「軸」が存在することを感じ

最も崇高な目的に立って生きなさい」と

解いています。

 

つまり

「人と争わずに調和をもつこと」

その事が憲法の一番最初に書かれるほど

大事なことなのです。

 

今では

「お友達とは仲良くしましょう」

「人とは仲良く」

言い方は違えど

大人から子供へと伝えられています。

 

遥か悠久のかなたに作られた憲法なのに

最も大切なのは「和」なんだと

今現在も伝え続けられ、大事にされている。

 

 

「和」を大切にすることが

日本という国の大きな特徴だと思うのです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 和 = 調和(バランス) ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

すべての物事は最後に統合され

調和し、平和へと至ることを

「わ」のことだまは教えています。

 

「わ」の特徴は、相手に合わせることが出来る。

相手を受け入れる働きを持っています。

 

違うものを取り入れることが出来るのは

違うものを認めていくことであり

違いを認めてひとつにすること。

 

人との和を重んじ、団結して一つのことを

成し遂げる。

それは互いを尊重し、バランスが取れなければ

出来ないことなのです。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 違いを認め、ひとつになる ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

違いを認めて一つになるといえば。

日本の風習の中で見ることが出来ます。

 

例えば・・・

12月24日はクリスマス・イブを楽しみ

12月31日は除夜の鐘に耳を傾け

1月1日には初詣・・・と。

 

まるで当たり前のように、何の違和感もなく

過ごす年末年始の風景ですが。

キリスト教仏教、神道と三つの宗教が

なんのトラブルもなく共存しています。

 

 

違いを認め、受け入れ、取り込む。

そして一つに出来るのは「和の国」である

特徴なのでしょう

 

「和の精神」は意識していなくても

私達の心の奥に刻まれている、大切な財産。

そう思うのです。

 

 

今日という日が、

あなたの素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

 

 

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る