「クーラーは身体に悪い、朝夕は窓を開けて扇風機」は時代遅れ

女を上げる整体指導士
からだデザイン研究所代表
いちい葉子です

 

大暑のど真ん中
暑い時ではありますが
昔の日本とは
すこし様子が変わってきていますね

私の子供のころ・・・
30度になると夏日と言って
あ~暑い!!と大騒ぎでした

神戸で育った私は
山と海からの風が吹き
朝夕はそれでも涼しく
午前中に夏休みの宿題を
扇風機をかけながらやったものです
ナツカシイ

今、30度越えは当たり前
雨は夕立なんてもんじゃなく
ゲリラ豪雨で大惨事
湿気も熱帯地方さながらです

こんなに環境が変わっているのに
昔ながらの常識を信じて
身体に負担をかけまくっている、あなた

最新のファッションや食べ物には敏感なのにね

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 整体の熱中症のとらえ方 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
熱中症注意報が叫ばれていますが
わたしの治療院にも
熱中症の症状でお越しになる方が
とても増えています

発熱、頭痛、吐き気、めまい
腰や肩の痛み、膝痛、手首足首の痛み
むくみ、目が腫れる、足首手首が腫れる
皮膚疾患、湿疹の悪化
胃腸の不具合
そして睡眠障害(不眠、眠りが浅いなど)
気分の激しいアップダウン

これらすべて
外気の温度・湿度の上昇に
からだの体温調節機能や水分調節機能が適応できず
“体内が蒸れた状態になっている”
ことによる症状と考えます

 

“蒸れる“と雑菌が繁殖しやすくなる
食物が腐りやすくなる

体内でこんなことが起こるのですから
体調がイマイチになるのは当然だと言えますよね

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ まずは就寝時に“正しく”クーラーを使うこと ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そんな熱中症の症状が出ている方や
どうセルフケアすればいいのかを
ご指導させていただくとき

まずお話しするのが

「就寝時に正しくクーラーを使ってください」

ということ

クーラーが寝室にない方には
お安いクーラーの購入先まであっせんする
まるで電気屋さんの回し者のよう

そのくらい
“就寝時の”クーラー使用は大事です

 

タイマーではなく自動設定で朝までつけ続ける
温度設定は外気温に対応して変化(冷気が出るくらい)させる
しっかり部屋は冷やし、厚手のパジャマと寝具で冷え対策

これをやるだけで
かなり睡眠の質が向上
寝ている間の汗の内攻によるダメージも防げます

クーラーが身体に悪い、とか
設定温度は28度に、とか
ひと昔前の話

我々人間の自然対応力が落ちてきているのですから
これだけ地球が変化してきているのですから

常識が変わっても不思議はありません

柔軟に、からだの反応を見て、
先生は医者でも治療家でもなく
自分自身のからだです

 

時代や自分の体の変化に気づかず
流行遅れにならないように
セルフケアも変えていきましょう

 

いちい葉子 整体師
からだデザイン研究所代表。女をあげる整体指導士。
ホリスティック医学の考え方をベースに、整体体操と食養生法を組み合わせたオリジナルのメンテナンス法を使い、自然治癒力を高め、美と健康を自ら創造していくノウハウを提供している。著書に『40代からの女を上げる整体学』
◆ブログ 【女をあげる からだデザインつれづれ日記】
からだデザインHP
facebook
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

 

関連記事

ページ上部へ戻る