おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】

について発信しています。

理学療法士の高野です。

 

 

 

暑くなってきましたね。

ジメジメしてきましたね。

冷たいものを、

グビグビいきたくなりますね。

 

 

カラダ、ダルくなっていませんか?

 

そんなあなたへ。

朝の目覚めがスッキリする。

セルフケアをご紹介です。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 副交感神経の役割◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

【自律神経を整えましょう】

 

これ、かなり注目されています。

 

 

現代の問題として

交感神経が優位に偏りすぎている

ことがあり、

 

これが、いろんな病気を引き起こしていると

言われています。

 

 

 

交感神経優位の状態が続くと、

何が困るかって

 

 

傷んだり

古くなったりした部署の

修復作業が

カラダの中のあちこちで滞っちゃうことです。

 

 

私たちのカラダでは毎日

新陳代謝が行われているのですが、

 

 

その作業がテキパキと進むのが

夜、副交感神経が働いている時

なのです。

 

 

腸の粘膜は

ほぼ毎日新しい細胞と世代交代しています。

 

それだけ腸ってとっても重労働な部署だという

しるしなのですけど。

 

(だから終始何かを食べている人は

ブラック企業を経営しているようなもんですわ)

 

 

 

まあ、いずれにしても

そういった

 

掃除⇒つぎの準備という

修復作業

 

これが、眠っている時

副交感神経主体で行われるのです。

 

 

ですが、

いっつも交感神経優位な状態だとね

その修復作業が雑になってしまうのです。

 

 

これを【3匹のこぶた】で言えば、

とりあえず手軽に作っちゃた

ワラの家。

 

 

狼が来たらひとたまりもありません。

さあ、どうしたことでしょう。

 

 

 

現代では油断すると

こんな状態になりやすいから

自律神経が大きなキーワードに

なっているんですよね。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 眠ったはずなのに、なぜ、疲れているの? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

僕はセルフケアを行う時間として

眠る前の時間を

強くオススメしています。

 

 

眠る前にやることによって、

その日、お腹にため込んだ疲労が

だいぶ抜けるからです。

(だいぶってとこ、ミソです)

 

 

 

腸の機能として

食べ物の消化・吸収・排泄のほか、

免疫力アップ

リンパの活性

が、重要なはたらきとしてあります。

 

 

だから、

冷たい物を取りすぎたり、

食べすぎたり、

動かなかったり、

ストレスにさらされたり。

 

 

そんな疲労はお腹にたまり、

 

リンパの流れが停滞。

(ダラダラ)

 

免疫力が低下。

(ダリ~)

 

 

結果として、

カラダがだるくなったり、

腰に痛みが出たり、

カラダむくんだり、

風邪でダウンしたり

・・・・・・・。

 

 

朝起きても、

何となく疲れが残っている。

そんな感じになります。

 

 

 

この状態を放っておくとね、

疲れが、澱のようにたまって

徐々に疲労しやすいカラダになっていきます。

 

 

だから、寝る前の5分。

毎日の習慣として

カラダをリセットしてあげる

必要があるんです。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 寝る前5分のお腹へのセルフケア◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

しっかりとした

レンガの家を作るためにできること。

 

 

寝る前の5分間

寝るための準備の時間として

確保することをお勧めいたします。

 

 

5分間

お腹に手を置いて、

以下の呼吸をしてから

お休みください。

 

 

 

整気呼吸 (石原貴司氏 考案)

:鼻から吸って、口から音を立てずに吐き出します。力はいれません。

:吸う時は特に意識せず、

吐く時に頭の中で【10】数えながらゆっくり長く吐き出します。

:副交感神経を優位にする、最適な呼吸法です。

 

 

 

修復作業を頑張っている

作業員さんたちの

ラジオ体操の時間だと思って

ぜひ確保してください。

 

 

そうしないと、

あなたのカラダは

ザ・ブラック企業

なのですよ(笑)。

 

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る