【宇宙はあなたを応援している PART2】 FROM もりこ

おはようございます。
マヤの叡智で日々のナビゲート
MAYA暦 こよみよみ もりこです。
 
 
宇宙のリズムであるマヤ暦の
13×20のサイクルを意識して
現代の私たちが忘れている本当の自分を
取り戻していきましょう。
 
 
マヤ暦とは、
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ シンクロ体験 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
こんな質問を目にしました。
 
人生に「ミラクル」や「シンクロニシティ」が
起こりやすい人と起こりにくい人の違いは
どこにあるのでしょうか?
 
 
それは
「制限・制約された世界」に生きているか、
あるいは自分の枠を取り払い、
そこから抜け出しているかの違いです。
 
 
制限・制約・枠を外すと、
見える風景が大きく変わり、
感じ方まで変容を遂げます。
 
逆に
不思議なことや常識を超えたことを認めず、
世俗的な価値観だけで生きている場合、
不思議なことや常識を超えたことは
起きないということです。
 
 
わたし自身は
自分を変えたいと思っていたタイミングで
マヤ暦に出会い、
 
自然治癒力学校に出会ったことで
すでに枠を外した仲間からも勇気をもらい、
狭い世界から飛び出すことができました。
 
そして今、
毎日がシンクロの連続であると気づき、
ミラクルもしばしば体験しています。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  ピーク体験  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
現代社会においては避けられないことですが、
守る気質の強い日本人は尚更、
枠にとらわれやすいかもしれません。
 
時にはゆったりとした気持ちで、
時間や制限を気にせず過ごしたいものです。
 
 
シンクロニシティを増やすには、
「時間の枠を外す」とともに
心理学者マズローが名付けた
「ピーク体験」もおすすめされています。
 
先日読んだ「超常戦士ケルマデック」より・・・
 
ピーク体験とは、心が健康な人は
しばしばとてつもなく心地良い体験をする
ことを言うのだそうです。
 
イギリスの作家コリン・ウィルソンが
「価値体験」と呼んでいるものと共通していて
意識の拡大、至福感や高揚感、感覚や認識の拡大、
時間感覚の変化、精神的肉体的な快感、
神秘体験などだそうです。
 
至高感・高揚感がリズムを変え、
人生をたびたび変えてくれるといいます。
 
「ピーク体験」のレベルは幅広く、
好きな芸能人がテレビに出ているのを見た。
それだけで一日がハッピーになる!
というレベルのものから、
 
山に登り朝日と共に瞑想する感動体験で、
快感が身体を満たし、それにより、
ガンが消えたという不思議な体験まで。
 
心地良いを感じる!
そのエネルギーチャージが不思議な体験にも
繋がるようです。
 
それも条件付けした瞬間から感じられなくなります。
 
制限・制約・枠を外すことが
人生に奇跡をも起こすのですね。
 
この本との出会いも
おのころ先生とバシャールとの対談本、
未来人に教えてもらった「病気の秘密」
と続いて読んだシンクロでした。
 
人類に病気がなくなる世界は確かに来るのでしょう。
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   日々のエネルギーを味わう  ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
マヤ暦は時間を単に時を刻むものではなく、
意識エネルギーとして捉えたものです。
 
マヤ暦の宇宙リズムに乗ることが
枠を外してくれます。
 
マヤ暦のリズムに共鳴すると、
シンクロ二シティが頻繁に起こるようになります。
 
シンクロニシティに気づくことで
更にミラクルを引き寄せます。
 
日々流れているエネルギーを意識することで、
本当の自分を思い出していきましょう。
 
 
気づくことで、
行動が変わり、出会いが変わり、
引き寄せる結果が変わってきます。
 
宇宙はあなたを応援しています。。。
 
「心の時間」マヤのリズムを意識して
「シンクロニシティ」溢れる日々となりますように!
 
 
マヤバースデーをお知りになりたい方は
メールにて生年月日をお知らせいただけば、
あなたのKINナンバーをお調べします(無料)
 
 
大好評、マヤ暦の人生のサイクル、
”人生の羅針盤” を手にしたい方も
メッセージをお待ちしています(有料)
 
今日のエネルギーについては
マヤ暦「今日はどんな日?」
 
個人ブログのご訪問もお待ちしています。
今日もお読みいただきありがとうございました。
 
 
 

森裕子(もりこ)マヤ暦アドバイザー、新・姓名学のぼかん講師
生年月日・名前を観ることで、本当の自分を知り、周りの人や両親を知り、さらには自分を認めることができる。そのサポートを講座やセッションを通して行っている。
◆ブログ http://ameblo.jp/aisuke-shine
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る