『人から人間になる!和の文化の言葉』

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

どうぞお付き合いくださいね。

今日は「ゴミゼロの日」です。

「ゴ(5)ミ(3)ゼロ(0)」の語呂合わせから

1982年 関東地方知事会

空き缶対策推進委員会が制定したそうです。

こういった言葉遊び的に語呂合わせが出来るのも

「言葉」の持つ力なのかもしれませんね。

今日は言葉に込められた「想い」についてお伝えします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ おひとつに込められたものとは ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本は「おもてなし」という、相手のことを考えて

楽しませる、何かしてあげたいといった

和の心があります。

「和」とは「他人を思いやる」文化。

日本人の心に知らず知らずに

根付いているのではないでしょうか。

「おひとつ」といった言葉があります。

例えば。

お客様をお招きする際にはお茶の用意をし、

お茶に合ったお茶菓子の用意をして・・・

と思いをめぐらせます。

来客がこちらの用意したお菓子に

手を付けないときなどには

「おひとついかが」

「おひとつどうぞ」と声を掛けることがあります。

そうすると、来客がお菓子に手をのばす。

そういった経験、声を掛けたり

かけられたことはありませんか。

「遠慮なさらずに、

どうぞお菓子を召し上がってください」という意味が

この時の「おひとつ・・・」の言葉だけで判ります。

日本語の数の数え方は

「ひとつ、ふたつ、みっつ・・・」が基本ですが。

ここでいうおひとつの「ひとつ」は

お菓子の数を表す言葉とは限りません。

お客様が「ひとつまみする」

「ひとくち召し上がる」と言う意味の

「ひとつまみ」「ひとくち」の代わりに

「ひとつ」を使っています。

ひとつ+「お」にすることで、

お客様を大切にしていることを表しています。

接頭語として使われている「お」

たった一文字ですが、頭に「お」がつくだけで

言葉にニュアンスや表情がつき、

しかも相手への気持ちが込められる。

これが日本語の素晴らしいところでは

ないかと思います。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 思いを伝えるために必要なもの ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

言葉というものは、自分が何を知っていて、

何を思っているのかを形にするもの。

他者に思いを伝えるためには

なくてはならない必要なものです。

「想い」という字は「相」+「心」

「相手のこと」+「相手の心」から成り立っています。

すなわち相手のことを想いやることで

気持ちを共有する、理解しようとする

姿勢を表していると思います。

言葉を介してコミュニケーションを取ることが出来るのは

人間だけです。

私達は決してひとりで生きて行くことは出来ません。

「人間」とは「人の間」。

人と人との間には言葉があります。

人は相手や世界との関係の中で生きています。

となると・・・

自分のことばかり考えているのは「人」

相手を想い、お互いに想いやることが出来て

「人間」になる。

受け継がれた「和」の文化。

相手を認め、尊重する。

相手に合わせる。

先人たちの言葉使いには

こうした意味が隠されています。

そのことを知って口にすると、私達が使う言葉は

より一層と深みを持ちます。

そしてその思いも一緒に、次の世代への継承へと

繋がっていくと素晴らしいですね。

今日という日が、素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る