知らずにいると損をする、名前を活かす方法 FROMちあき

あなたの名前に隠された秘密を

知りたくはないですか?

名前のもつ音の意味から

「使命」をひも解く名前のことだま師ちあきです。

どうぞお付き合いくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 名前へのこだわり ・ 罪人の改名 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人が持つ名前は特に重要な「言(こと)」だと、

古代の人達は大変こだわっていました。

名前と姓は、人柄や人としての品格、身なり、

顔だち、態度に対応すべきもの。

何故なら、名前は実体そのものであると

考えていたのです。

朝廷に謀反を企てた人物はたとえ貴族の出自で

あろうとも、悪いイメージを持つ名前と姓を与え

罪人としての名前に改名したほどです。

「名は体を表す」ということわざがありますが、

名前を付けると名前がそれらの持つ本質を上手に

言い表している場合が多いからでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 「我」を手放して「神」となる ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

三種の神器のひとつに鏡があり、多くの神社で

ご神体として祀られています。

この「鏡(かがみ)」から「我(が)」を取ると

「神(かみ)」になります。

ご神体でもある鏡に、自分の姿を映しだし

自我(エゴ)を手放すと、

そこには自らの内にある「神」しか存在しません。

名前は自分以外の誰かが名付けます。

そこに自分の思いは一切入っていません。

「我」が入っていないのが名前です。

つまり、名前は我欲のない無我の現れであり、

名前の中にこそ内なる神様が、

使命が、隠されているのです。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 呼ばれることで活性化する名前 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

名前を声に出して呼ぶ時の響きは、

自分を最高に癒す周波数だそうです。

自分で名前を声に出して唱えると、

名前のもつ音のエネルギーが調整されて

波動が強まるといいます。

名前を人に呼ばれると、エネルギーを

活性化させる働きが出ます。

音の根源は周波数で成り立っていて

「あいうえお」の50音すべてに一音、一音、

その音固有の周波数あります。

名前は呼ばれるたびに名前のもつ音(周波数)が

活性化されます。

それは声には力があり、ことだまが活性化して

動き出す働きをするからです。

相手への愛情をもってする声かけは

最大限の力を発揮します。

子供だとおかあさんの声かけ。

大人であれば自分を大事にしてくれる人、

大切に扱ってくれる人からの声かけです。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 名前の由来を知っていますか ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「名前は自分以外の誰かが名付けたもの」

と言いましたが。

名付け人もいろいろあって、両親や祖父母、

お寺の住職だったり占い師だったり。

あるいは親戚の叔父叔母ということも。

例え誰が名付けたとしても、

生まれた赤子の幸せを喜び、幸せを願ってのこと。

「この子が不幸になればいい」

そんな思いで名前を付ける人はいないでしょう。

名前の由来を知ることで

「この世に生まれてきたことを祝福されている」と

知ることが出来ます。

自分の名前の由来(ルーツ)を知らない方は、

ぜひご両親に尋ねてみて下さい

名前とはなんて不思議なのでしょうか。

自分自身を表す唯一の証であり、

「生まれてきたことを祝福」しているのです。

名前を呼ばれるたびに祝福されているのと同じですね。

名前を呼ばれるたび、

名前のことだまが活性化するように、

あなたが誰かの名前を呼ぶたびに、

その誰かの名前が活性化します。

相手の名前を呼ぶ時は、気持ちをこめて。

自分の名前を書いたり、

呼ぶ時は感謝の気持ちをこめて。

大切な人からは愛情をこめて

名前を呼んでもらいましょう。

今日という日が、素敵な一日でありますように。

つながったご縁に心からの感謝をこめて。

高橋千晃(たかはし ちあき) 名前のことだま師®
名前のことだま師®ことばがもつ大きな力を一番発揮している名前を紐解き、名前に隠されたメッセージや使命を伝え、それぞれの幸せへと導いている。
◆ブログ ことのはつづり ~名前はあなたの道しるべ~
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る