鎧を脱いで軽くなりましょ!  fromまゆみ

みなさま

ご機嫌に過ごされていますか?

 

すき間トレーニング<スキトレ>

をご紹介する理学療法士

まゆみです。

 

さて

新年度が始まり

約2ヶ月が経ち

 

ゴールデンウィークから

数週間が過ぎましたね。

 

日常生活のリズムが

 

多かれ少なかれ

取りずらい時期では

ありませんでしたか?

 

新しいことや

慣れないことが続くと

頭で考えることが多くなり

 

呼吸も浅くなりがちなんですね。

 

そこで今回は

 

この時期

慣れない生活リズムで

浅くなった呼吸を整えて

 

からだもこころも

軽くなるかも?!

について綴っていきます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇    呼吸が浅くなると 何が問題?   ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

呼吸が浅くなると

肋骨(ろっこつ)の動きが小さくなって

 

それが長く続くと

胸 背中 脇腹 お腹の筋肉が

硬くなってくるんです。

 

この硬くなった筋肉が

鎧(よろい)となって

 

さらに呼吸が浅くなる

という悪循環に陥りやすいんですね。

 

呼吸が浅くなると

常に交感神経の働きが優位となり

リラックスしずらくなるんです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   鎧を脱いで 軽くなろう   ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

筋肉が硬くなる

 

ということは

呼吸が浅くなる

だけでなく

 

血流も悪くなり

 

水分や老廃物の

排泄が滞りがちになり

むくみや倦怠感の原因にもなります。

 

鎧を脱ぐとは

 

呼吸が浅くなることで

硬くなった筋肉を

緩めることなんですね。

 

そして

筋肉が緩むと

深い呼吸がしやすくなり

 

交感神経から

副交感神経へと切り替わり

からだもこころもリラックスします。

 

また

 

血流もよくなり

水分や老廃物も

排泄されることで

 

さらに

からだもこころも

軽くなっていきます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   では今回の

すき間トレーニング〈スキトレ〉です ◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

1.両手を頭の上で組んだまま

腕を右へ倒していきましょう。

 

脇腹が伸ばされていることを確認しましょう。

 

2.そのままの状態で

息を吸い 呼吸を5秒止めます。

 

この時

肋骨の間の筋肉と脇腹の筋肉が伸ばされます。

 

3.反対も同じように行ってみましょう。

 

真横に倒すだけでなく

前後や少し斜め前

少し斜め後ろに倒して

 

同じように行うと

さらに効果的に

鎧と化した筋肉が

 

緩んでいくのを

感じることが

できるのではないでしょうか?

 

回数や強さは

あなたが 気持ちいいって感じる

ぐらいでいいですよ。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   スキトレで

こころとからだを整えましょ  ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今回は

からだを緩めて

こころも緩める

 

というスキトレを

ご紹介しました。

 

からだの疲れは

知らず知らずのうちに

少しずつ溜まっていくものです。

 

あなたの

お仕事や家事の合間

お風呂や就寝前

 

あなたのすき間時間で

楽しみながら

試してみませんか?

 

まゆみ 理学療法士
理学療法士。からだだけでなく、こころも整えていくことで、からだが良くなっていく場面に何度も目の当たりにし、こころとからだの関係から、ご機嫌になる方法を理学療法士の視点で伝えている
◆ブログ ここから 視点を 変えて観てみよっ。
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る