『あの事件でみた新時代~ココロの時代からカラダの時代へ!?』 Fromさく

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ココロの時代からカラダの時代へ!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。

ミトコンドリアの力で
あなたを元気にするプロ
さくです。

毎月第2、第4金曜日は
『ミトコンドリアからみたからだの物語』
をお届けしています

どうぞよろしくお願いいたします。

今週は
あの事件で見た
新しい時代の価値基準について
お話しします

覚えていますか?

悪質タックルに端を発した
日大のアメフト事件

内田正人前監督と
井上奨前コーチが
永久追放になった一方で
就職を控えている
学生さんたちは
いまだ大変だとききます

この事件を
ミトコンドリア的にみると
ある一つの背景がみえてきます

それは
「これまでは良かった」という
「過去の価値観を基準にした物事の考え方」
が通用しない時代になったということです

それは
「こころ」の時代から
「からだ」の時代へ!
変わってきたともいえます

「こころ」の時代から
「からだ」の時代!?

どういうことかというと
「こころ」=「脳」で
考えて行動する時代から
「からだ」=「細胞やミトコンドリア」で
感じて行動する時代へ
変わってきたと感じたのです

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇実にミトコンドリア的な世の中に!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今まではどちらかというと
脳で考え行動する時代でした

カラダのメカニズムから見ると
脳が一番刺激を受けるのは
「恐怖」という感情です

たとえば
内田前監督の場合
絶対権力や威厳をもつことで
選手に恐怖感を持たせ
奮起を促していました

一方でいま
成果を上げている指導者は
選手の自主性に任せ
選手と共感することで
奮起を促しています

たとえば
大谷に二刀流を貫かせた
日本ハムの栗山監督

箱根駅伝で優勝した
青山学院大学の原監督

原監督が名付けた
「ワクワク大作戦」は
まさに選手に楽しさを
感じさせることで
奮起を促しています

これは実に
「ミトコンドリア」的なやり方です

というのは
細胞の中にいる
あなたの偉大なる応援団
「ミトコンドリア」は
脳がないので
考えることができません

ただし
独自の周波数(波長)を
もっているので
相手を感じることはできます

「ミトコンドリア」は
この「感じる力」を使って
他の細胞やミトコンドリアと
コミュニケーションを
とっています

おかげで
たった1個の細胞が
危機になっただけで
それを感じた1兆個ちかい
「ミトコンドリア」たちが
協力し合って
その細胞を助けようとしています

そう
「ミトコンドリア」は
「感じる力」
言葉を変えると
「共感」や
「楽しさ」「嬉しさ」によって
元気になっていくのです

あの事件でわかったのは
これからのリーダーは
トップダウンの上から下に伝える
剣(つるぎ)のような
直線的な指導から

輪になって
選手と共感しながら
チームをつくっていく
「ミトコンドリア」のような
曲線的なやり方に
変わってきたということでした

21世紀は
実に
「ミトコンドリア」的
世の中になってきました

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ワクワクを得るためには大股で歩く!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

21世紀は
「感じる」ことを大切にする
「感性」の時代です

そんな時代に
私たちは何を心がければ
よいのでしょうか

答えは
かんたんです!

日常生活で
「楽しさ」や「喜び」を
感じるよよう心掛けたらよいのです

たとえば
楽しいことをする・

たとえば
心からワクワクすることをする

しかし
なかには
日常生活で
心からワクワクしたり
楽しいことが
見つからないという人も
いるでしょう

そんな人でも
大丈夫!

ワクワクが見つかる
とっておきの
セルフケアがあります

それは・・・

大股で歩く
という方法です

えっ、なんでそれで
ワクワクが見つかるの!?

そう思う人もいるかしれません

この理由もカンタンです

からだのメカニズムから見ると
ワクワクや楽しさが
見つからないのは
脳の酸素不足だからです

酸素不足を解消するには
姿勢が大事で
大股に歩くと
自然に姿勢がすっと立って
姿勢をよくなるからです

酸素がないと
なぜワクワクできないかというと
ワクワクや元気の源となる
「ミトコンドリア」は
酸素がないと
十分に働けないからです

「ミトコンドリア」が
元気でいてくれないと
脳の中で「シナプス」と呼ばれる
電気の信号がつながりません

これでは
ワクワクや楽しさが
見つからないのです

ならば
脳に十分な酸素を
与えてあげればいい!

++++++++++

大股で歩くと
姿勢もすっと立って
呼吸も深くなります

これだけでも
脳にも酸素が行き渡り
ワクワクや楽しさを
見つけることが
できるのです

ワクワクや楽しさを
見つける方法は
まだまだたくさんあるのですが
今週はこの辺で

もっと
豊かさや健康
「ミトコンドリア」に関する情報が
欲しいという方はこちら

地域限定週刊ミトコンドリア通信
http://mitochondria-school.com/mailmag/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇カラダさんと呼ぼうプロジェクト!? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日常セラピーで
まりしゃさんが
お金のことを
【お金さんと呼ぼう】といっています

とても素敵な試みですね♪
私も彼女にならって
「お金さん」と呼んでいます

そんな私が提唱するのは
からだのこと
【からださんと呼ぼう】プロジェクト

たとえば
からだのことは「からださん」
肝臓のことは「肝臓さん」
腎臓のことは「腎臓さん」

こう呼びかけることで、
まるで昔から知っている
大切な親友に感じて
より「大事にしよう」という
気持ちになれますよ

あなたも
身体のことを
「カラダさん」と呼ぶ習慣
身につけてみませんか?

毎日を自然療法に変える
『 日常セラピー 』

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。

FROM さく

さくちゃん ミトコンドリア・アドバイザー
ミトコンドリアの力であなたを元気にするプロ。誰しもが細胞の中にもつ「ミトコンドリア」からストレスを緩和し、自然治癒力スイッチを目覚めさせる方法を伝えている。あなたの幸せのカギは、あなたのカラダの中にある。
◆ミトコンドリア。アドバイザーさくの無料メルマガ「週刊ミトコンドリア通信」
http://mitochondria-school.com/mailmag/
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る