『咳が出ちゃう夜には、優しいマッサージを。』 From高野義隆

おはようございます。

新潟で【オキシトシン】や【触れること】

について発信しています。

理学療法士の高野です。

 

 

最近僕の周りで、

のどの痛みや咳が出ちゃっている人が増えております。

皆さんの周りではいかがでしょうか?

 

今回は、咳が結構出たときにピッタリの

オキシトシン・マッサージをご紹介しますね。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ ああ、咳よ ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

咳って本来、気管支や肺をきれいにしてくれる働きをしています。

反射的なもので、異物や粘膜を取り除き、

肺の炎症を防ぐ重要な役割があります。

 

カラダを守る仕組みとして、

なくてはならないものなのですね。

 

 

でもね、夜中に咳が続いて寝付けない。

そんな場面に遭遇すると、とってもつらいです。

ましてや、隣で寝ている子どもが、そんな様子であったらば、

「なんとかしてあげたい」

「眠れるようにしてやりたい」

そう思いますよね。

 

そんなときは優しくカラダに触れてあげることが

効果を発揮することがありますz。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 実践!オキシトシン・マッサージ ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

手順は簡単です。

 

軽く圧をかけながら、

【優しく、軽く、ゆっくり】マッサージすることが、

なにより大事です。

 

場所は、「その辺り」の感覚で大丈夫です。

 

 

1 胸(胸骨)からお腹に向かって、さするようにマッサージします。

 

2 胸(胸骨上部)から腕の付け根に向かって、軽く圧をかけながらマッサージします。

 

3 同じように、胸(胸骨上部から下部)から肋骨に沿って、カラダの側面に向けてマッサージします。

 

4 腕の外側を手首まで、軽く圧をかけながらマッサージします(特に手首付近は集中的にマッサージします)。

 

5 手首の外側から親指の先までマッサージします(特に親指の腹は集中的にマッサージします)。

 

6 親指と人差し指の間(すこし人差し指近く)を優しく押さえます。

 

左右ともに、同様にマッサージします。

それぞれの場所を、5~10回マッサージしてください。

 

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆◇ 【触れる】という最強の武器 ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

子どものカラダって、余計な緊張がありません。

だから、私たちが触れるだけでも、

す~ぐに反応してくれます、面白いほど。

 

ホントにわずかな力で変化しますので、

子どもたちのカラダを健やかに保つためには

【触れること】は最強の武器になるのですね。

 

 

ぜひ、お試しください。

咳のとき以外にも、とっても落ち着くのでオススメです。

 

 

本日もありがとうございました。

 

高野義隆 理学療法士
フィジカルセラピスト。 触れることを通じて、他者への信頼感や安らぎを生み出すホルモン:オキシトシンの分泌を促し(オキシトシン・マッサージ)、身体のケアからココロのケアまでを行っている。
◆ブログ 【オキシトシン・マッサージ ~肌からココロに伝わるメッセージ~】
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る