『呼吸で痩せてみませんか? 』fromまゆみ

みなさま

ご機嫌に過ごされていますか?

 

すき間トレーニング<スキトレ>

をご紹介する理学療法士

まゆみです。

 

本日もよろしくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇  もうすぐ 桜咲く春ですね。こんな時期 あなたが気になることとは何ですか? ◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さて

暑さ寒さも彼岸まで

と言われますが

 

春分の日も過ぎ

本格的に温かな季節へと

移行していきますね。

 

けれど

 

温かい季節を

待ちかねていた

あなたも

 

薄着になるこの頃

お腹回りのお肉が

気になるところ

 

ではないでしょうか?

 

そんなあなた

 

『呼吸』を使って

気になるお腹回りのお肉を

解消してみませんか?

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ 呼吸で

なぜお腹回りのお肉が解消されるの? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
息を吸うのは

主に

横隔膜という

 

ろっ骨で囲まれた胸郭の

底に当たる部分を覆う筋肉

の働きで行われます。

 

また

 

息を吐くのは

主に

腹横筋という

 

腰回りにぐるりと1周

着いている腹筋

の働きで行われます。

 

この

2つの筋肉

横隔膜  腹横筋 を

 

意識的に

深い呼吸をすることで

働くスイッチを入れてあげ

 

無意識に

呼吸をしているときにでも

横隔膜  と  腹横筋が

働きやすくなります。

 

すると

・お腹回りの血流が良くなり

・姿勢をまっすぐに取りやすくなります。

 

そのことで

むくみが解消され

お腹回りがすっきりするのです。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   さらに ここを意識すると効果的! ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

先に

 

吐くときに

腹横筋が働くと

お伝えしましたが

 

吐ききった最後に

骨盤底筋という

骨盤の底にある筋肉

 

ここを働かせると

 

さらにお腹回りの

血流が良くなり

姿勢をまっすぐ保ちやすくなります。

 

また

 

この骨盤底筋は

内臓を骨盤の中に

納めておく働きもあります。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   さぁ  では今回の

すき間トレーニング〈スキトレ〉 ◇◆
━━━━

 

薄着になり

お腹回りが気になるあなたへ

お届けする

 

すき間トレーニング<スキトレ>です。

 

∴∴∴

 

胸郭の底にある

横隔膜を意識的に使ってみましょう。

 

できるだけ長く

息を吸ってみましょう。

 

ポイントは

・少しずつ

・口からのどの辺りまで息を入れる

・一杯になったら次は

肺の上の方を満たし

・肺の前の方を満たし

・肺の後ろの方を満たし

・肺の後ろの下の方を満たします。

 

こうして

ながーく  たくさん

空気を吸い込むことができれば

 

横隔膜を  しっかり  最大に

使うことができますよ。

 

∴∴∴

 

続いて

 

腰回りにぐるりと

1周着いている腹横筋と

骨盤の底にある骨盤底筋を

 

意識的に使っていきましょう。

 

できるだけ長く

息を吐いてみましょう。

 

ポイントは

・少しずつ

・やさしく息を吐きます

・吐ききる最後に

・尿を止める時の要領で

・お股の力を胃の方へ

少しだけ持ち上げるように

・ちょっとだけ力を入れます。

 

こうすると

腹横筋  と  骨盤底筋を

同時に働かす事ができます。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇   あなたのすき間時間で

楽しみながら  続けてみましょ  ◇◆
━━━

 

今回は

 

呼吸を使って

お腹回りの気になるお肉の

解消法をお伝えしました。

 

ポイントは

 

吸うときに

横隔膜

 

吐くときに

腹横筋  と  骨盤底筋

 

この3つの筋肉を

意識しながら

呼吸をすることで

 

・お腹回りの血流が良くなる

・骨盤内の内臓を支えられる

・姿勢が良くなる

 

これにより

気になるお腹回りのお肉が

解消されることが期待される

 

というスキトレを

お届けしました。

 

あなたのすき間時間で

楽しみながら

続けてみませんか。

まゆみ 理学療法士
理学療法士。からだだけでなく、こころも整えていくことで、からだが良くなっていく場面に何度も目の当たりにし、こころとからだの関係から、ご機嫌になる方法を理学療法士の視点で伝えている
◆ブログ ここから 視点を 変えて観てみよっ。
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る