『 すき間トレーニング〈スキトレ〉ってなあに』 FROM まゆみ

初めまして
理学療法士 まゆみ と申します。

私は、これまで約20年間、
病院のリハビリテーション科で働いてきました。

普段は、今でも大阪の病院で
理学療法士として勤務しています。

リハビリテーションは、
私たち治療者が施す事だけでは限界があることを
常々感じています。

というのも患者さんの
「わかった。これ良い。これやりたい。」
という気づきがあってこそ、
治療や訓練の効果が現れることが多いからです。

そこで

「あっ、これならできる。やってみよう。」

というあなたの空いた時間でできる、す
き間トレーニング〈スキトレ〉を
ご紹介できればと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ すき間ってどこにあるの? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日常の中で、すき間といっても
意外とないのが時間です。

けれど、
ないと思えばないのが時間であり、
あると思えばあるのも時間です。

私が、患者さんのすき間時間を見つけるとき、
一見関係のない話の中から見つけることが多いのですが、
すき間時間とは決して何もしていない時間ではないんですよ。
あなただけの時間のことなんです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ すき間は あなただけの時間 ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

では、あなただけの時間とはどんなときでしょうか?

・お布団の中で横になっているとき
・歯磨きをしているとき
・電車で移動しているとき
・信号待ちをしているとき
・デスクワークをしているとき など

これらの共通点は、何かをしているということです。
ではなぜ、何かをしている時が
あなただけの時間「すき間時間」なのかについて
お話ししますね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ なぜ何かをしているときが すき間時間なのか? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

少し想像してみてください。

もしあなたが、怪我や病気という
非日常的なことが起きたとして、
今の生活の中で
「⚪⚪という訓練を、朝晩、必ず50回やってください。」
と言われたらできそうですか?

***

初めのうちは、
早く治りたい、
早く元の生活に戻りたいという思いも強いので、
「できる」と思われます。

しかし、日常生活の中で、
「必ずやってください。」という訓練は、
いつしか強制となり、
負担となり、
嫌気がさし、
やらなくなってしまう人達が多いんです。

まして、
良くなっているのかいないのかわからないと余計ですね。

病院で、こんな場面にたくさん出逢う中、
すき間トレーニングを提案するようになりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◇ すき間トレーニング〈スキトレ〉をすると何でいいの? ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
運動生理学の考え方では、
最大の筋力の80%の負荷で5秒間止めるだけで、
筋力がアップすると言われています。

ということは、
ジムに通わなくても、
回数をたくさんしなくても、
筋力がつくとも言えます。

例えとして、筋力トレーニングについてあげましたが、他のことでも

『日常的に少しだけ続けること』は、
いつのまにかあなたの一部となり、
始める前のあなたとは明らかに心と体を変えてくれるんです。

日常のすき間時間という短い時間で、
続けやすくて、
心と体を変えてくれるのが
『すき間トレーニング〈スキトレ〉』です。

今回は、すき間トレーニングについて触れてきましたが、

具体的な『すき間トレーニング〈スキトレ〉』は、
次回からご紹介させて頂きたいと思います。

では、どうぞお楽しみに…。

 

まゆみ 理学療法士
理学療法士。からだだけでなく、こころも整えていくことで、からだが良くなっていく場面に何度も目の当たりにし、こころとからだの関係から、ご機嫌になる方法を理学療法士の視点で伝えている
◆ブログ ここから 視点を 変えて観てみよっ。
◆先生の過去の投稿はこちら

日常セラピー 執筆者はこちらから

関連記事

ページ上部へ戻る